ビジネス

VALUサービスの”メリット”を一つだけ書く

個人の価値を売買できる「VALU」サービス。

現状のVALUは、発行主が有利となっており、買い手側には余りメリットがない。この点は、別記事で散々書かせてもらった。

批判:「VALU」サービスのユーザーが余りに酷いので書いておく

だが一つだけ、発行主・買い手側にとってもメリットになる事がある。
批判ばかりしていてはなんなので、VALUのメリットを一つだけ書いていく。

VALUのメリット、新時代の「コミュニケーションツール」になるかもしれない

現状のVALUサービスでは、誰がその発行主のVALUを購入しているかが分るシステムとなっている。買い手(株主)が誰なのか、誰が自分に出資してくれているか、一目でわかる仕様だ。

VALUを買う=お金を支援になる訳だが、お金というのは必要以上に強い絆を作る。SNSのフォローや「いいね!」どころではない、もっと強い絆を作る。リアルマネーを自分に支援してくれている以上、発行主側は嫌でもその買い手を意識する。

そうやって、自分の関心のある人・応援したい人と繋がっていく、一種のコミュニケーションツールとしてのメリットはあるはずだ。それがVALUサービスの唯一の大きなメリットに思う。

例えば、「堀江貴文氏(ホリエモン)。」
ごく普通の一般人が、有名人の堀江氏と繋がりを持つ事はなかなか難しいかと思う。それが彼のVALUを買うことで、株主としてあなたが意識され、ネット上で疎通を取れるキッカケとなるかもしれない。大株主となればリアルで会える機会もあるかもしれない。

ホリエモンよりもっと知名度の低い駆け出しのブロガーなどであれば、尚更だろう。他にも、「友達探し」や「男女の出会い探し」、「ビジネスパートナー探し」などにも意味を成しそうな気もする。

また発行主同士でも信頼関係の構築に使えるのではないかと。

そんなコミュニケーションのきっかけ作りとしてVALUは活用できるかと思う。

汚い話、キッカケにお金を利用する事になるが、一つの形としてはアリなのではないかと。

もし将来VALUが大きく普及すれば、VALUを通してさまざまな人脈やコミュニティが作られ、「私たちの出会いはVALUでした」的な時代が来たりするのかもしれない。

 

 

「信頼関係」がなければ、すべて崩壊する可能性も

この話も、お互いの信頼関係があってこそ成り立つ。

・買い手側をただの”金づる”としてしか見ていない
・ネットの向こうの誰かが、お金を払って投資してくれている事にきづけない

発行主がこういった態度であると、上で話したようなメリットは生まれてこない。

発行主が買い手の事を無視した態度をとれば、「あー何もせずにお金貰えてうれしいなー」的なスタンスをとり、将来の実現にも使用せず”貰っただけ”にしてしまうと、根本から全部崩壊する。

「その人と繋がりを持ちたい」どころではない。むしろ繋がりを拒否したくなるハズ。せっかく応援してくれていたファンに、怒りや落胆を与えるだけだろう。

VALUはリアルマネーが絡む。人の繋がり・絆をつくるメリットがある反面、一歩間違えばそれを木っ端みじんにぶっ壊す特大のデメリットもあると思う。

 

リアルマネーのお金が絡むいうのはけっこうヤバく、怖いもの。

中には、せっせと働いて稼いだなけなしのお金で投資してくれているファンもいるはず。それでその人達の信頼を裏切れば、単にファンが減るだけでなく、取り返しのつかない問題が起きてしまう可能性もある。(何とは書かないが)

Sponsords Link

VALUは革新的なサービスであるが、人×お金で造られている分、一歩間違えるとなかなかに恐ろしく扱い方の難しいなサービスな気がする。

「登録無料」、「気軽に使える」をキャッチフレーズにしているが、このサービスを利用する際は、買い手のことを必要以上に慎重に考え、責任をもって使用しなければならないかと。

また良い信頼関係を維持するためにも、資金の調達目的・利用結果などを資料化する仕組みが必要かと思う。

お金というのは本当に怖い。私も以前株で大損をして人格崩壊レベルまで追い込まれた。一度お金絡みで恐怖や執着を覚えた人であれば、その価値をシビアに見定めるはずだ。そんな買い手が中にはいるはずなので、VALUサービスは慎重に使っていくべきかと思う。

買い手側は、残念ながら買って応援する事しかできない。
VALUサービスをどうしていくかは、発行主側にかかっている。

 

まとめ

少々批判的にも書いてしまったが、VALUサービスは使い方によっては新時代を作っていける革新的なサービスだと思う。

ちょっと大げさかもしれないが、この手サービスが当たり前になれば、社会自体が変わっていくような気もする。

危険性もあるが、使い方さえ間違えなければ、面白いことが起きるのではないかと。

関連
批判:「VALU」サービスのユーザーが余りに酷いので書いておく

個人に投資する「VALU」サービス、仕組みとリスク・危険性・問題点2017年6月4日

Sponsords Link

LINEで送る
Pocket

Twitterフォロー頂けると嬉しいです!

コメントを残す