自動車

パジェロ復活か?新型3代目パジェロスポーツ、フルモデルチェンジ発表

LINEで送る
Pocket

 

バンコク国際自動車展示販売にて、三菱自動車が新型「パジェロスポーツ」を正式発表した模様(8/1)

 

sa sa2

http://carview.yahoo.co.jp/

    -三菱自動車ホームページより‐
三菱自動車は、タイにおける生産・販売会社ミツビシ・モーターズ・タイランド(以下、MMTh)のラムチャバン工場で生産しているミッドサイズSUV『パジェロスポーツ』を7年ぶりにフルモデルチェンジし、8月1日(土)にタイで世界初披露しました。今秋からタイで販売を開始し、その後、豪州、アセアン、中東、アフリカ、中南米、ロシアなどに順次展開を拡大し、先代モデルと同様に約90ヶ国で販売する計画です。
新型『パジェロスポーツ』は、「Stylish & Comfortable OFFROAD SUV」をコンセプトに、『パジェロ』ブランドを継承した本格オフロードSUVでありながら、洗練された上質なデザイン、上質な走りと快適な居住空間、クラストップレベルの環境性能、先進の予防安全装備などを持ち合せた新世代のミッドサイズSUVです。
外観は歴代『パジェロ』で培ったデザインを継承・進化させた新しいフロントフェイスデザインコンセプト「ダイナミック・シールド」を採用し、従来のクロスカントリー系SUVと一線を画す、スポーティさとダイナミックさを併せ持つ上質でスタイリッシュなデザインとしました。内装は上級SUVに相応しいハイコンソールプロポーションを採用し、ダイナミックなシルバー加飾や立体的な造形のシートなどにより高級感を演出しています。
また、サスペンションの見直しやボディマウントの改良により、操縦安定性、乗り心地、静粛性を同時に向上させるとともに、新ディーゼルエンジンの採用やボディの遮音性能強化により、さらに静粛性を高めました。格段にレベルアップしたシートの座り心地や空調性能と相まって、ひとクラス上の快適な室内空間を実現しています。
エンジンは、2.4L MIVEC*1ディーゼルターボエンジンを新たに採用。『パジェロスポーツ』用に新開発された8速AT(三菱車初)と組み合わせることで、先代モデルに対して燃費を約17%向上させ、2016年1月よりタイで施行される新税制においてCO2排出量の最低税区分に適合する200g/km以下を達成しています。
衝突安全強化ボディRISE*2と合計7つのSRSエアバッグによる優れたパッシブセーフティに加え、衝突被害軽減ブレーキシステム、後側方死角警報システム(三菱車初)、誤発進抑制制御システムなど先進の予防安全装備のほか、電動パーキングブレーキ(三菱車初)、マルチアラウンドモニター、前席左右の温度調整オートエアコンなど、従来の枠を超えた先進装備を多数採用しています。

 

パジェロは現在、パジェロ4代目(2006年~)、パジェロスポーツ2代目(2008年~)の2タイプがラインアップ中。いずれも長寿モデルとなっておりましたが、ここでようやくパジェロスポーツの方がフルモデルチェンジに。
ノーマルパジェロの方もこの流れでモデルチェンジを期待したいところです。

Sponsords Link

 

先代2代目パジェロスポーツ

detail4490

(C)三菱自動車

Sponsords Link

LINEで送る
Pocket

コメントを残す