ゲーム

【今買いなのか?】新型PS4(CUH-1200)と前期型(CUH-1100)の違いは?

2015年6月より新たに投入された待望の新モデル、新型PS4(CUH-1200)。
このモデルは果たして買いなのか。前期型PS4(CUH-1100)と比較をしながら、このモデルが買う意味があるかについてご紹介していきます。

 

 

新型PS4(CUH-1200)と前期型(CUH-1100)の価格、消費電力、サイズ、性能比較

新型PS4(CUH-1200)と前期型PS4(UH-1100)との違いは以下となります。

・価格
価格はどちらも同じ
新型PS4(CUH-1200)500GBモデル・・・希望小売価格3万9980円(税別)
前期型PS4(CUH-1100)500GBモデル・・・希望小売価格3万9980円(税別)

・消費電力
新型PS4は、消費電力は約8%カット。
新型PS4(CUH-1200)500GBモデル・・・消費電力230w
前期型PS4(CUH-1100)500GBモデル・・・消費電力250w

・重量、サイズ
重量については約300g軽量化、サイズは同じ。
新型PS4(CUH-1200)500GBモデル・・・重量約2.5kg
前期型PS4(CUH-1100)500GBモデル・・・重量約2.8kg

・パフォーマンス、機能
どちらも同じ
(CPU性能、搭載メモリ、HDD容量など全て同じ)

・付属品
どちらも同じ

以上の通り変わったのは、消費電力と重量。その他の部分は価格も性能も全く同じです。

 

新型PS4は前期型PS4より買いか?

新型PS4については、重量の変化は300gですので誤差程度です。持ち歩く訳でもないのでこれはメリットとも言えないでしょう。
ポイントとなるのは消費電力。1日2~3時間、前期型PS4で遊んだ場合の消費電力は年間5000円程度(電気会社により差あり)です。新型PS4は8%カットですので、単純計算で年間4600円となります。年間で約400円ほど電気代が安くなります。倍の時間遊ぶ方であれば800円安くなります。
本体価格が同じですのでこれはまあまあなメリットかと。

なお、新型PS4と前期型PS4の現在の”販売価格”はほぼ同じです。Amazonを例にすると以下の通り。

・新型PS4(CUH-1200)500GBモデルは3万9980円(税別) 2015年8月時点
PlayStation 4 ジェット・ブラック (CUH-1200AB01)

・前期型PS4(CUH-1100)500GBモデルは3万9980円(税別) 2015年8月時点
PlayStation 4 ジェット・ブラック 500GB (CUH-1100AB01)

Amazonではこの通り、数百円の誤差程度の差です。近くの家電量販店でも新型も前期型もほぼ同じ額で売られています。
こういった状況ですので、前期型より消費電力が安い分新型PS4の方が買う意味があるかと。これが前期型が5000円、1万円以上値崩れしている状況でしたら、前期型の方がおすすめですが、今はほぼ同じですので。おそらく今後も前期型は販売終了のプレミアが付くので値崩れする事はないでしょう。
※なお遊ぶ用でなく将来の転売などを狙って購入するのであれば、前期型も今のうちに買っておく価値はあるかもしれません。

 

新型PS4は今買う意味はあるのか

さて果たしてこの新型PS4を今買う意味がるのか。
これは難しい所ですが、半年以内に遊びたいソフトがある・出るのであれば”買い”でしょう。
今後のPS4の値下げやモデルチェンジは現在発表されていません。これまでのソニーの傾向としては、モデルチェンジ後、最低半年は新型を投入しない流れできていますので、あと半年間は値下げも更なるモデルチェンジもないかと思います。ですので半年以内に遊びたいソフトがある方は今買っておいて損はないかと思います。

Sponsords Link

それより先は未知数です。半年以上経てば更なる機能が備わった新型が発売される可能性もありますし、1年以上待てばおそらく値下げは行ってくるでしょう。
ただPS4は今現在もほぼ完成形ですので半年や1年で革新的な進化を遂げるとは考えにくいです。システム的な改善であれば、現在のモデルでもシステムアップデートで対応出来ます。また価格も既に約4万円と性能のわりにかなり抑えた価格設定となっていますので、値下げがきても良くて5000円程度、良くて1万円程度でしょう。
ですので既に遊びたいソフトがある、近々発売されるという方はそろそろ買っておいていい時期に来たかと思います。もちろん全く今買っても遊びたいソフトがない方は今すぐに買う意味はないかと思いますが。

 

追記:10月1日より値下げ!

2015年10月1日より、新型PS4(CHU-1200型)の値下げが決定しました。
価格は従来の3万9980円(税別)→3万4980円(税別)となり、5000円の値下げとなっております。
今現在(10月1日現在)は消費電力だけでなく、価格も更に安くなった新型CHU-1200型の方がよりおすすめになりました。ただCH1100型もいずれプレミアがつくかもしれないので保管用には価値はあるかもしれません。

↓は新型PS4(CHU-1200型)モデルです。

 

関連記事
>>PSNのフレンドは残る?オンラインは有料?PS4本体購入前の疑問解消まとめ

 

 

Sponsords Link

LINEで送る
Pocket

Twitterフォロー頂けると嬉しいです!

コメントを残す