ゲーム

戦闘システムの完成形「ファイナルファンタジー5」紹介

LINEで送る
Pocket

1992年に発売されたファイナルファンタジー5(FF5)。ダブルミリオンの大ヒットを記録し当時のスーパファミコン人気を一躍駆り立てた作品です。FF5は当時としては美麗なグラフィック、テンポのよいストーリーなども魅力でしたが、その目玉はなんといっても完成された「戦闘システム」。

このファイナルファンタジー5の特徴、魅力についてご紹介していきます。

 

 

製品名:ファイナルファンタジー5
メーカー:スクウェア・エニックス
発売:1992年 ジャンル:RPG
対象機器:SFC 移植版GBA、playstation、スマートフォン(iOS,Android)

 

FF5 ストーリー概要

154

 

 

風・水・土・火のクリスタルによって守られた世界。人々はクリスタルの恩恵を受け暮らしていた。主人公バッツはどこにでもいそうな青年。チョコボと共に旅を続けている。隕石の飛来によってバッツは王女レナと謎の老人ガラフと出会う。2人と共に冒険をすることになったバッツであったが、水面下ではクリスタルの力が揺るぎ始めている。
次第にクリスタルをめぐった壮大な冒険劇へと発展していく。

 

FF5は鮮やかな冒険劇

FF5-3

 

 

FF5の魅力の一つは、明るく壮大な世界観と鮮やかなストーリーです。FFシリーズはタイトル毎に世界観が様々ですが、どのタイトルもRPGとしてはややシリアス寄りの雰囲気やコアな設定が目立ちます。
対してこのFF5は剣と魔法の王道の世界観。FFシリーズの中でも特に世界観が明るく、また外へ外へと広がっていく冒険ロマン溢れるストーリーが楽しめます。
こういった王道タイプの話はどこかシンプル、見方によってはチープなものになりがちですが、FF5は程よく入り組んだストーリーやシリアスなシーンなども交えながら、上手く王道の鮮やかな冒険劇を演出しているのが特徴的。
昔ながらの王道RPGが好きだけど、中身もしっかり楽しめるゲームがやりたいという方には特におすすめです。

 

無限に遊べるジョブシステム

FF5-4

 

さてFF5の最大の魅力というのはなんといってもジョブシステム。
FF5では、ナイト・白魔道士・竜騎士から、魔法剣士・時魔道士・風水士・踊り子といったものまで優に20を越えるジョブ(職業)が用意されています。
それぞれのジョブを育てることで各ジョブが持つアビリティが習得でき、最終的にはアビリティを着せ替えが出来る様になります。(時魔法が使えるナイト、白魔法が使える魔法剣士など)
一見職業育成ゲームに見えますが、このシステムの素晴らしい点は着せ替えできるアビリティが2つ前後に制限されていること。にも関わらず用意されているアビリティは100を越えるほど。時間を掛けて育成しても最強のキャラが作れるわけではなく、その組み合わせがポイントとなってきます。
シンプルな戦闘にこういったシステムを用いているので、使い方によっては低レベルクリアも狙える無限の楽しみ方が出来ます。最新ゲームには手の込んだ戦闘システムを積んだタイトルが溢れていますが、それらと比べても今も高い評価を受けているシステムです。

 

耳に残る音楽

FF5-5

 

FF5で見逃せないのはBGM。余り話題には上がりませんが、FF5は良BGM揃いです。限られたスーパファミコ音源にも関らず、各シーンを盛り上げる印象深いBGMが多いです。
有名な「ビックブリッジの死闘」も本作が起源。戦闘曲や第一世界、第三世界のフィールド曲なんかも好きな方は多いのではないでしょうか。

FINAL FANTASY V Original Sound Track Remaster Version

Sponsords Link

 

 

 

常識外の天敵

ff5_151

 

 

FF5を象徴するのがラスボスよりも強い強敵の存在です。今のゲームではこういった裏ボスの存在は当たり前となっていますが、その先がけともなったのがこのFF5。理不尽な登場の仕方、明らかに狂ったようなパラメータなどなど、当時多くのプレイヤーにトラウマを与え魅了した裏ボス達が存在します。
この難易度は圧倒的で、その後発売された数多くのゲームと比べてもかけ離れています。
ジョブシステムなどを上手く活用しなくてはならず、インターネットなどの予備知識なしで攻略するのはやり手のゲーマーでも苦戦するのでは。もしゲーム攻略好きでFF5をまだやってない方がいらっしゃれば、是非予備知識なしで挑戦してみてはいかがでしょう。

 

・IOSアプリ版「FF5」の特徴

unnamed

現在リメイク版として、iOSスマートフォンアプリ「FF5」も配信販売されています。リメイクといってもグラフィックをiOSアプリ用に書き直されているだけで、ストーリーやシステムは全て同じ。オリジナル版と同じプレイが楽しめます。以下細かなアレンジ、追加は施されています。

・タッチパネルによる簡易操作システム
・新たに2つの隠しジョブの追加
・隠し最強アイテム、難易な隠しダンジョンの追加
・会話ウインドウに天野喜孝が描いたキャラクターの顔が表示される演出
・クイックセーブ機能追加

グラフィックはドット絵に愛着があるかで評価は分かれそうですが、個人的にはこちらの方が見やすく綺麗なので気に入っています(昔のドッド絵は勿論好きな上で)。ドット絵の元素材を違和感なく表現しているので旧作ファンでもそれほど抵抗はないかと。会話ウィンドウに表示される天野喜孝の絵は嫌いではないのですが、少々違和感があります。(ただし消す事もできるので問題はないかと)
タッチパネルについてですが、思っていたよりは操作し易かったです。フィールド移動は快適。バトルは初めのうちはやや操作しずらい部分がありましたが、慣れれば余裕です。
グラフィックとタッチパネルに抵抗がなければ、隠しダンジョンやクイックセーブ機能も付いているios版がおすすめです。特に隠しダンジョンはもともと難しいFF5でありながら、更に恐ろしい難しさになっていますのでやりごたえ十分です。既に過去にプレイした方ももう一度やる価値があるほどの内容でした。

iOSスマートフォンアプリ版「FF5」は以下からダウンロード可能。
FINAL FANTASY V – SQUARE ENIX INC

 

 

FF5はこんな人におススメ

・FFシリーズが好きな方
・ロマン溢れる冒険活劇を楽しみたい方
・剣や魔法といったオーソゾックスな世界観のRPGが好きな方
・やり込みや攻略が好きな方

など

 

 

 

FF5は古いゲームなのでグラフィックなどチープと感じる部分もありますが、世界観や戦闘システムといった部分は今やっても一見の価値はあるかと思います。もし未プレイの方がいましたら是非遊んでみてはいかがでしょうか。

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

Sponsords Link

LINEで送る
Pocket

コメントを残す