PS4コントローラーの「背面ライト」が赤や緑に色が変わるorライトが消えた場合のトラブル対処方法
ゲーム

PS4コントローラーの「背面ライト」が赤や緑に色が変わるorライトが消えた場合のトラブル対処方法

SONY純正のPS4コントローラーには背面にライト(ランプ)が装備されています。

このライトは通常青色ですが、赤・緑・ピンクなどに色が変わってしまうことがあります。またライト自体が消えてしまい色が表示されないことも。

このPS4コントローラーのライトの、トラブル解決法についてまとめていきます。

 

1.PS4コントローラーのライトの色が変わってしまった場合の対処法

まず、PS4コントローラーのライトの色が変わってしまった場合について。

コントローラーのライトが赤や緑になってしまうと「なにか故障の合図ではないか?」と不安になってしまうかもしれませんが、ライトの色の変化は故障とは全く関係ありませんのでご安心ください。

 

PS4コントローラーのライトの色は、コントローラーの識別番号を表しています。

具体的には次の通り。

青色 →1番のコントローラー
赤色 →2番のコントローラー
緑色 →3番のコントローラー
ピンク色 →4番のコントローラー
白色 →コントローラー割り当てなし(未設定)
水色の点滅 →PS4本体と疎通でいない。(たとえばコンセントが外れPS4が起動できない状態で、コントローラーを起動した場合)

 

ライトの色の考えた方としては以上となります。

さて、なぜデフォルトの青色から赤や緑に変わってしまうのか。
これは基本的にユーザーを複数作った場合に起こります。

PS4では一台の本体に複数のユーザーアカウントを作れます。
例えばもともと「USER1」があり、新しく「USER2」を作った場合。かつこの状態でUSER1をログアウトしていないと、USER1にはコントローラー1番(青色ライト)、USER2にはコントローラー2番(赤色ライト)が自動的に割り振られます。

PS4は手動でログアウトしないと複数のUSERが同時ログイン状態になる面倒な仕様であり、ライトの色が変わってしまうのはこの同時ログインが原因となります。

 

色を元に戻すための解決法・対処法

対処法としては、一度すべてのユーザーをログアウトさせます。

手っ取り早いのはPS4の電源を切る方法。クイックメニューからPS4の電源自体を落とせば、すべてのユーザーが一斉にログアウト状態になります。

これで色がリセットされますので、再起動後最初にログインしたユーザーに青色、2番目にログインしたユーザーに赤色が割り振られていきます。これで色の調整が可能です。

電源が落とせない場合は、手動でログアウトする方法もあります。
PS4コントローラーのホームボタン(プレイステーションマークのボタン)を押し、[クイックメニュー]→[電源]→[PS4からログアウトする]を選択します。これで現在操作しているユーザーのログアウトができます。

一度手動で全てのユーザーをログアウトし、再び一番始めにログインしたユーザーに青色ライトが与えられます。

 

面倒ですが、これ以外にはライトの色を変える方法はありません。

 

 

2.PS4コントローラーのライトが消えた場合、表示されない場合の対処法

続いてライトがそもそも表示されず、無点灯になった場合について。
この場合はいくつか原因が考えられます。

 

コントローラーの充電が切れている

ライトが消える原因としては、大抵はコントローラー本体の充電切れです。この場合、ライトだけでなくボタン操作が一切できなくなるのが特徴。

解決法としては、PS4本体とコントローラーをケーブルで繋いでください。充電切れが原因であれば、ケーブル接続後すぐにライトは復活するハズです。

 

リチウム電池の寿命

コントローラー内部のリチウム電池は消耗品です。
寿命を迎えていると、無線状態ではライトは表示されず、コントローラーの操作も一切出来なくなります。

この場合もケーブルを接続すれば本体から一時的に電力が供給され回復します。
ただしリチウム電池が寿命ですとコントローラーに電気を溜められないため、ケーブルを外せばすぐにまたライトは消え操作も不能になります。根本的に解決するにはリチウム電池を新品に取り換える、もしくはコントローラー本体の買い替えとなります。

↓記事にコントローラーの分解方法をまとめています。この方法でリチウム電池の交換は自分でも行えます。
【分解画像有】PS4純正コントローラーの〇△□×ボタンが故障・反応が悪くなった場合の修理方法

Sponsords Link

内部の電源ケーブル等でトラブル

こちらは、過去にコントローラーを分解した人等に限定されてくる稀なパターン。
内部で接触不良等のトラブルが起きているとライトが表示されなくなることがあります。

PS4のコントローラーを分解すると、中身は↓のようになっています。

 

無線状態で使用する場合は、リチウム電池から繋がる”薄型の電源ケーブル”でライト部分に電気を供給しています。

この薄型ケーブルが切れてしまったり、接続部分が外れてしまっていたりすると、電気が供給されずライトは点かなくなります。

ただし、内部のケーブルは普通に使っていれば外れることはマズありません。

基本的には以前にコントローラーを分解した等の心当たりがある方限定の原因ですね。

衝撃等でライトが故障

こちらも稀ではありますが、コントローラー背面にあまりに強い衝撃を与えたり、異常な高温・低音環境などで使ったりすると、ライト周辺の基盤やランプが故障してしてしまうことがあります。

この場合は、素人がどうこうするのは難しいため、SONYに修理に出すか買い替えが選択肢となってきます。

 

まとめ

以上、PS4コントローラーのライトのトラブルについてでした。

ライトの色が変わったのは故障でもなんでもありませんのでご安心を。ライトが点かない場合は上記内容を参考に原因を切り分けていってみてください。

関連記事:
【分解画像有】PS4純正コントローラーの〇△□×ボタンが故障・反応が悪くなった場合の修理方法

 

Sponsords Link

LINEで送る
Pocket

Twitterフォロー頂けると嬉しいです!

コメントを残す