FF14

新生『FF14』のジョブ竜騎士の黒歴史、地獄だった2.0初期の竜

『FF14』の中でも人気の高いジョブ「竜騎士」。

パッチ4.0になった現在では、数々の調整も行われ、重宝されるジョブとなった竜騎士。
が、初期の竜騎士は、いまでは考えられないほど問題点の多いジョブだったんですね。

初期頃のFF14は全体的にジョブが未完成の状態でしたが、竜はその中でも飛び抜けて欠陥があった存在。
PTから罵声を浴びられることも多く、それはもう酷い扱いのオンパレードでした。

 

本記事では、
初期パッチ2.0の頃の竜騎士事情が知りたい方にむけ、
竜騎士の黒歴史とも呼べるお話を書きます。

 

忘れてはならない竜騎士たちの過去について。

 

 

 

1.FF14初期から人気ジョブであった「竜騎士」

 

2013年に晴れてサービスが開始した『ファイナルファンタジー14 新生エオルゼア(パッチ2.0)』。

 

この頃からもDPSジョブは人気でした。その中でも、サービス開始時に特に人気を集めていたのが「竜騎士」。サービス開始当初は、竜騎士がかなり溢れてしましたね。

2.0初期の竜騎士は、方向指定はあったものの比較的扱いの簡単なジョブであり、お手軽ジョブとして人気でした。またひと際大きい槍武器を背負い、派手なモーションで戦う竜騎士の姿に憧れ、このジョブを選んだ人も多かったのでしょう。

私もその一人。当初は剣術士で始めましたが、FATEで「桜華狂咲」を決めている姿をみて「ああ、こりゃかっこいいぞ」と竜騎士に方向転換。その後、新生シリーズでは竜騎士として歩むことに。

 

しかし開けてしまったのは、パンドラの箱。

そして、竜騎士としての悪夢の日々を味わうことに。

 

(なお私は蒼天の3.0からはタンクに転向しました。が、心は竜騎士。サブジョブとして竜は続けています。)

 

 

2.キラキラ竜騎士を叩きのめした、ワンダ・アムダ周回

 

キラキラした目で槍をふるビギナー竜騎士たち。
まず彼らを待ち受けていたのが、ワンダ・アムダの周回。
ここで竜騎士たちは、FF14の洗練を受けることになりました。

 

2.0の頃のFF14は、今では考えられられないほど「ギスギス」が凄かったんですね。
ちょっとしたことでも暴言や即抜けは日常茶飯事。

レベル50までのIDであればまだまだワイワイ楽しい感じでしたが、レベル50のIDとなるワンダラーパレス、アムダプールから急に空気が変わり、ギスギスピリピリなムードが漂っていたんです。

当時、真イフリート~真タイタン、バハムート邂逅編のレイドに挑むため、「ワンダラーパレス」と「アムダプール」を何十周も周回するわけです。アラガントームストーン哲学・神話を集め、装備を手に入れるために。

それで、恒例となっていたのが「ワンダッシュ」。
ワンダラーパレスやアムダプールで”ダッシュ”しながら敵グループをまとめ、範囲焼きで時間短縮を狙う方法。召喚士のDOT、そして今より強かった白魔導士のホーリー、黒魔導士のフレアが最強だった時代。

 

それに対し、2.0調整前の竜騎士は、

・単体攻撃も他DPSよりやや弱い
・範囲もイマイチ
・方向指定があってタンクが手をやく
・ジャンプ硬直でAOEを踏みやすい

などなど、辛い要素満載。

 

周回PTはもちろん、コンテンツファインダーであっても、

・竜騎士さんがいるんで抜けますね(^^;
・竜騎士さん、なんでレリックも持たずにワンダきてるんですか(^^;
・わざわざ近接で来て、無駄な被弾してる人は回復しませんよ
(もちろん全てのPTがそうだったわけではありませんが)

 

と、PTメンバーからの、精神攻撃が入ります。
多くの竜騎士たちは、ここで自分を試されたわけです。

黒魔導士の2連フレアを横目に拝みながら、なけなしのドゥームとドラゴンダイブ。
それが竜騎士の戦いでした。(同じ近接の「モンク」も、アムダ・ワンダでは似たような扱いでしたが)

今でもID周回では黒や召喚が歓迎されますが、当時はそれがほんとうに露骨だったんです。

 

 

 

 

2.りゅーさんを叩き潰した、悪夢の「真タイタン」

 

アムダ・ワンダの次に待ち受けていた試練が、真イフリート・真ガルーダ・真タイタンの「真蛮神シリーズ」。真蛮神シリーズはいまでこそ瞬殺ですが、当時はILが低く、まだまだエンドコンテンツに慣れていないプレイヤーも多かったため、なかなかの強敵でした。

 

そして、竜騎士にとって最大の壁となったのが「真タイタン」。

 

当時調整前2.0竜騎士の場合、

・魔法防御が他のDPSジョブより低い、全体攻撃の「激震(なぜか魔法攻撃)」で一人だけ大ダメージを受ける
・「ジャンプ」の硬直時間が今よりも長い、少しでもタイミングが遅いと「重み」を踏み、最悪ランドスランドで飛ばされ場外に
・「捨て身」は当時被ダメージ25%アップ、使うタイミングを間違うと一人だけ死亡

 

などなど、真タイタンはまさに竜殺しのコンテンツだったわけなのです。
案の定、当時の真タイタンでは竜騎士がペロるペロる。
この頃から、ダメな竜騎士に「リューサン」の愛称が定着しはじめ、嘲笑われること日常茶飯事。
たとえギミック問題ない竜騎士であっても、「竜騎士でタイタンきてるw」の扱いもあったんですよ。

 

以下、「真タイタン」で竜騎士に降りかかった災いの例。

・竜騎士が2人以上いると、「リューサン多いんで抜けますね(^^;」の即抜け
・戦闘開始前から竜騎士の頭の上に☓マーキング
・竜騎士がペロると、最後まで蘇生しないヒーラー
・竜騎士が少しでもミスしたり、重みを広げたりした日には、ネタチャットで盛り上がる
(これも、もちろん全てのPTがそうだったわけではありませんが)

 

などなど、竜は何もしなくても、PTにヘイトをばら撒いているような状態。
竜にとっては地獄とも呼べるコンテンツでした。


が、あえてだからこそ、真タイタンに挑み続けた竜騎士たちがいたのも事実

私もマゾっ気があったのがその口でした。

 

今も忘れない、2.0初期の頃の思い出。
コンテンツファインダーで、真タイタン×DPS竜4名の奇跡的な構成になったことがありました。
片方のタンクが「竜4www、これは無理ww」と開始早々即抜け。
残ったのは7名。
が、タンクが抜けたことには一切誰もふれず、謎のオーラが漂っていました。
「むしろこの展開を待っていたぞ!」的な。

結果、 予想通り凄まじいPT。
ミスもなく、タンクもヒラも竜もDPSを出し切り、7名で一発クリア。
チャットは物凄く盛り上がり「竜騎士!竜騎士!竜騎士!」のオンパレード。
みんなでスクショを取って帰りました。

 

こんなドラマが、おそらく多くのところで起こっていたんじゃないでしょうか。
初期の竜騎士だからこそ起こせたドラマが。

 

 

スクエニ公式でもネタにされる、リューサンのペロリ芸↓

 

 

 

 

3.竜騎士はぶりが目立った、「バハムート邂逅編2層」

Sponsords Link

真タイタンで挫折せず、竜を捨てなかった竜騎士たち。
そんな竜騎士たちを次に待ち受けていたのが、「バハムート邂逅編2層」。

邂逅2層は、ほぼすべての攻撃が魔法攻撃のコンテンツ
当初魔法防御力の低かった竜騎士にとっては、辛い仕様でした。

加えて、通常攻撃が目に見えない「前方扇形範囲」という仕様。これが常に繰り返されます。
慣れてない竜騎士ですと前方範囲を食らう事が多く、これまた「リューサン・・・」な状況に陥り易かったコンテンツ。

以下、邂逅2層で竜騎士に降りかかった災いの例。
・PT募集に近接枠が無い
・近接募集があってもモンクのみ。竜の枠がない
・タンクが、近接のためにY字ポジションをとるのを嫌がる
・竜はただでさえお荷物になるので、ミスもせずDPSも出せる竜のみスタートラインにたてる
(こちらも、もちろん全てのPTがそうだったわけではありませんが)

 

 

当時はPT募集機能もなく、シャウトでPT募集をしていた時代。
「竜ですが、PT入れてくれますか」と言っても、返信自体が無いことも日常茶飯事。
募集文ではDPS@4とかになっていても・・。

4層、5層よりも、2層を抜けられるかが竜騎士にとっての戦いだったのです。

 

 

4.だけど、低レベルダンジョンでは少し活躍した竜騎士

 

竜騎士たちは、エンドコンテンツでは厳しい扱いを受けていましたが、レベル50以下の低レベルダンジョンでは意外と頼れる存在でもありました。

低レベルダンジョンでの竜騎士は、

・竜騎士は、他のDPSジョブより若干HPが高い
・低レべル帯では、一部のタンク装備も身に付けられるため、物理防御・魔法防御共に高い
・当時は、戦士の防御アビリティ「フォーサイト」を、アディショナルスキルとして使えた
・ライフサージ、ブラッドバス、内丹で自己回復もある程度可能

といった利点があったので、
タンクが死んだ時の、代理タンクとして輝いていたのですね。

 

またレベル50以降のダンジョンでも、魔法防御の代わりに物理防御が他のDPSより高かったため、
「竜タンク」攻略という楽しみ方もできました。当時はVITアクセを竜でも装備できましたしね。

タンクとしての素質があるDPSとして、竜はすこしだけ輝いでいたのです。

 

 

5.そして調整後完成されたジョブに、その後の竜騎士

 

こうした初期の竜騎士の問題は、FF14開発側もうすうす気づいていたようで、竜騎士に関してはその後、度重なるジョブ調整が行われました。

サービス開始まもない2013年12月にリリースされた、新生FF14初のアップデートパッチ『パッチ2.1 覚醒せし者たち』では、攻撃スキルを多数改良。DPS性能の底上げが成されました。
ジャンプの硬直時間等も改善。

2014年12月にリリースされた『パッチ2.45』では、かねてから問題だった魔法防御力も改善。他のDPSジョブと変わらないレベルまで底上げされました。

その他にも都度細かな改良が入り、パッチを重ねる毎に洗練されたジョブに。

 

また最新の拡張ディスク『4.0 紅蓮のリベレーター』では、新たなスキル「紅の竜血」と「ミラージュダイブ」を身に纏い、よりスピーディでテクニカルなジョブに。操作する楽しみの面でも大化けしました。

初期の頃はお手軽ジョブと呼ばれていましたが、最近では難易度の高い上級者向けジョブと言われることも。↓

 

パッチ4.2ジョブ操作難易度

【Sランク】
黒 召喚 詩人

【Aランク】
竜 機工 学者

【Bランク】
忍者 モンク 占星

【Cランク】
侍 戦士 白

【Dランク】
ナイト 赤

出典:
FF14速報:【FF14】現状一番難しいのはどれ?4.2ジョブ操作難易度をランク付けしてみた

 

最難関の零式エンドコンテンツでも、
安定した火力が出せ、PTシナジーも高いジョブとして、比較的重宝されています。

かつて「竜はお断り」とハブられていたのが嘘のように、
今ではむしろ「竜がいると嬉しい」と言われるように。

竜騎士は変わりました。

 

 

6.不遇の時代を乗り越えた竜騎士は、強い

このようにFF14の竜騎士は、不遇の時代を乗り越え今があります。

竜騎士に限った話ではありませんが、厳しい状況を乗り越えたきたプレイヤーは強いもの。
あれだけ周囲から色々と罵倒を浴びせられ、それでも竜を続けてきた人は、おそらく徹底的に詰めているはずです。

私は3.0でタンクがやりたくでメインジョブを変えてしまいましたが、不遇の竜騎士のころは、それはもうやり込んでいました。ちょっと失敗しても竜だと洒落にならない空気になるので。

2.0から今の今まで、ずっと頑なに竜騎士を貫いている人、きっと皆さんの周りにいるかと思います。
そういった方は、竜やDPSを知り尽くしているでしょうし、精神的にもタフなのではないかと。

そして、竜騎士をこよなく愛しているのではなかと。

 

竜騎士をずっと続けてる方は、少し尊敬してしまいます。ゲームが上手い下手とかではなく、周りになんと言われようと、こだわりを貫くその姿勢が。

 

 

まとめ

以上、長々となりましたが竜騎士の歴史についてでした。

本当はメインジョブとして竜を貫いた上で書きたかったのですが、お許しください。

関連記事:

【FFストーリー考察】すべては『FF14』のラストに、FF1の”ファイナルファンタジー”に繋がる?

『FF14』に登場する敵キャラクターの神話・伝承元ネタ、ニーズヘッグ・ナイツオブラウンド・九尾の妖狐など

もし魔法が使えたら? 現実的に考える、FFシリーズで最強の「魔法」はどれなのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

LINEで送る
Pocket

Twitterフォロー頂けると嬉しいです!

コメントを残す