なつかしのレトロゲーム

祝:『サクラ大戦』完全新作の続編開発決定!セガの名作がついに復活

 

1996年に発売され、セガの看板タイトルとなった名作アドベンチャーゲーム『サクラ大戦』。

2005年『サクラ大戦V』より沈黙を続けていたこのシリーズが、ついに13年の時をこえ、完全新作『新サクラ大戦(仮題)』として復活することが、4月14日の「セガフェス2018」内で明らかにされました。

 

『サクラ大戦』とは?

141000408

『サクラ大戦』とは、1996年にセガサターン向けに発売されたアドベンチャーゲーム。

 

『サクラ大戦」は、大正ロマン、冒険活劇、ロボット、恋愛、歌劇、時代劇、オカルトなどなど様々要素が入り混じったエンターテイメント溢れる作品で、当時のSEGAが、これでもかと言えるほど徹底した作り込みを施したタイトル。

初代「サクラ大戦」の売上は総計50万本を超え、セガサターンオリジナルタイトルとして最高のセールスを記録。1997年のCESA大賞グランプリおよびゲーム・オブ・ザ・イヤー準グランプリを受賞。シリーズ3作目「サクラ大戦3」では、ドリームキャストとしては異例の30万本の売上げを記録。

セガサターン&ドリームキャストのハード販売に大きく貢献し、発売から15年以上経った今でも評価が高く、名作ゲームランキングなどに常々上がってくるゲーム作品です。
また、その人気からアニメ化・漫画化・舞台化・ドラマCD化など様々なメディアミックスが行われました。

当サイトの下記記事より転記
http://cslbook.com/game/2221/

 

『サクラ大戦』はかつてのセガのキラータイトルとも言え、セガサターン及びドリームキャストのハード売上自体にも大きく貢献したソフトです。

その後シリーズ化され、5作目の『サクラ大戦V 〜さらば愛しき人よ〜』が2005年に発売。

しかしタイトルを追う毎に売上は減少し、2005年以降は正式な続編タイトルが制作されないまま現在まで至っていたのが、これまでの経緯となります。

 

 

※サクラ大戦の作品内容については以下で纏めています。
セガの名作『サクラ大戦』って一体どんなゲームだったの?(特徴/内容/評価レビュー)

これまで正式な続編制作は停止していたものの、他ゲームとのコラボや、スマホ向けのスピンオフ作品などは作られています。経緯は以下の記事に纏めています。
20周年を迎えた「サクラ大戦」、続編&最新情報まとめ サクラ大戦6はくる?

 

 

「セガフェス2018」にて、『サクラ大戦』の続編が完全新作で開発中と発表

http://sakura-taisen.com/

 

2018年4月14日(土)~4月15日(日)に開催されたセガの一大ゲームイベント「セガフェス2018」。

本イベント内で、セガホールディングス代表取締役会長CEO里見治紀氏より、『サクラ大戦』シリーズの続編タイトル開発を進めているとの発表がありました。

要約すると次のとおり。
・スピンオフゲーム等でなく、正統な完全新作となる模様。
・新サクラ大戦プロジェクトとして、すでに続編は開発中
・太正二十九年の帝都が舞台。初代サクラ大戦で描かれた太正十二年より、15年後の話となる模様。
・帝都東京を舞台とした全く新しいストーリーが展開。
・正式タイトルは未定、現在は「新サクラ大戦(仮題)」とされる。
・キャストスタッフ、発売日等の情報も現在未定。
・最新情報は、オフィシャルファンサイト『サクラ大戦ドットコム』の方で順次公開していくとのこと。

『サクラ大戦ドットコム』
http://sakura-taisen.com/news/2018/new_sakura/

 

 

またセガフェス2018では、併せてメガドライブ ミニ(仮称)やシェンムーの新作も発売されると発表。詳細は以下ASCIIの記事でご覧ください。↓

 

ASCII:「セガ「サクラ大戦」新作やPS4版「シェンムー」などを発表!」
http://ascii.jp/elem/000/001/663/1663922/

Sponsords Link

 

 

 

新サクラ大戦は、プレイステーションに飲まれるか、あるいは新ハード降臨か

さて、気になるのは、新しいサクラ大戦がどのハードで販売されるかという事。

現行の機種であれば、プレイステーション4/XboxOne/ニンテンドースイッチのいずれかになってくるかと思いますが、サクラ大戦はかつてセガサターン、ドリームキャストの看板となりハード売上げを支えたソフト。

大人しく現行のゲーム機に収まるでしょうか。

セガは、かつて命運をかけたハード『ドリームキャスト』がプレイステーション2に敗れたことにより、2001年以降ゲーム機事業からは撤退しています。2001年以降はソフトウェアメーカーとしてソフト開発に徹する形に。

 

しかしタイムリーなことについ先日2018年4月8日、セガがゲーム機事業への再参入を検討しているとのニュースが、yahooニュースより公表されています。

yahooニュース:セガ、ゲーム機へ再参入検討 メガドライブ復活か
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180408-00000008-san-bus_all

また今回の「セガフェス2018」内では、メガドライブの復刻版レトロゲーム機『メガドライブ ミニ(仮称)』の発売を2018年内に予定していると発表。これは一応のところゲーム機事業への復活とも言えます。

そして、『サクラ大戦』や『シェンムー』等のビックタイトルが控えるこの状況。

もしかしたら、もしかするとセガが新型ゲーム機を繰り出してくる可能性もあるのではないでしょうか。

セガが再び、プレイステーション4、ニンテンドースイッチといった現代の強豪相手に、ゲーム機本体をぶつけてくる未来があるかもしれません。

セガならやってくれるかもしれません。

 

まとめ

以上、サクラ大戦の新作についてとなります。

サクラ大戦は、長年眠りにつき、おそらく数多くのファンが待っていたゲーム。
こうしてセガの名作が戻ってくることに、私もファンの一人として嬉しいです。

まだ発売日等は決っていないものの、太正桜が咲く日は近そうです。

最後に、サクラ大戦の懐かしのOPを置いておきますね。

 

関連記事

セガの名作『サクラ大戦』って一体どんなゲームだったの?(特徴/内容/評価レビュー)

20周年を迎えた「サクラ大戦」、続編&最新情報まとめ サクラ大戦6はくる?

 

 

 

スポンサードリンク

LINEで送る
Pocket

Twitterフォロー頂けると嬉しいです!

コメントを残す