ライフスタイル

ダメになるソファは予想以上に駄目になる、ダメソファの使用感想レビュー

少し前に話題になった「人をダメにするソファー」。
購入したのでレビューしていきます。

 

 

人をダメにするソファー(クッション)とは?

人をダメにするソファー(クッション)は一部メーカーが使っている商品名で、正式には”ビーズクッション”に部類される製品です。
人をダメにするソファーのインパクトが大きかったのか、現在各メーカーが次々とビーンズクッションを売り出してきています。

発端となった人をダメにするソファーはこの製品。
ビーズクッション アースカラーキューブチェア Lサイズ ブラウン PCM-6512T 人をダメにするソファ

原理はクッション内部が羽毛などではなく厚さ0.5mmの極小ビーズで出来ており、これがなんとも言えない弾力とフィット感を出している訳です。

人をダメにするソファーの感想レビュー、このソファは予想以上にダメになる

51CByVDHEML

始めてこれをネットで見た時は「ダメになるってクッション性がちょっと良いだけでしょ?」と馬鹿にしていましたが、完全に誤算でした。これは本当にダメになる、予想以上に人間をダメにする。

まあ”ダメになる”というのはクッション性が良い事の表現である事には変わりないのですが、このクッション性がヤバイ。
言葉では表現しにくいのですが、まるでマシュマロの中に入っていく様に身体を包み込みます。また身体に最も負担が掛からない姿勢にソファが変形していくため、この上ない心地よさが味わえます。座っている、寝転がっているとはまた違う感覚です。
そして立ちたくなるなる、動きたくなくなる、人間をダメにする。麻薬の様なアイテムです。

 

注意点は立ち上がれなくなる事

このソファはくつろぐのには最高のアイテムですが、一点注意したいのは立ち上がれなくなる可能性があること。もちろん気持ちよすぎて立ち上がれないというのもありますが、真面目に立ち上がれなくなる事もありえます。
最も負担が掛からない姿勢にソファが変形していくので、一度座ってしまうと立ち上がりにくい姿勢になってしまう事があります。
もちろん大抵の方は力をかければ立ち上がれますが、高齢者や肩や腰に疾患がある方などですと一人で立ち上がれない可能性があります。
それくらい特殊な姿勢の座り方になるので、家族に高齢者や肩や腰が弱い方がいる場合は注意が必要です。

Sponsords Link

 

サイズは60cm以上がおすすめ

最近は価格の安い小型のビーズクッションも販売されていますが、ビーズクッションの良さを体感するには縦横60cm以上のサイズをおすすめします。
小さいものですと、クッション性は同じですがイマイチ包まれた感じが体感できませんでした。大人がこのダメになる感じを十分体感するには最低60cm以上のサイズは欲しいところです。

どういったシーンで使える?

基本はダメになるソファーに寝転がり包まれながら、テレビ見たり本を読んだりが正しい?使い方です。その他、真上に座る事もできるので座布団代わりにも使え、座りながら勉強をしたりパソコンをしりと作業も可能です。枕代わりにも使えます。(低反発枕よりある意味いいかも)
様々な姿勢に合わせられるので使い方は色々ありそうです。
ただやはり最も気持ちのは、ソファーに身体全体をまかせ寝転がりながら使うことです。

こんな魅力の詰まったダメになるソファ。ダメになりたい方にはおすすめです。

 

 

Sponsords Link

LINEで送る
Pocket

Twitterフォロー頂けると嬉しいです!

コメントを残す