ライフスタイル

悪評もあるけど大丈夫?「カナガンキャットフード(猫用)」評価・レビュー

dadasd
LINEで送る
Pocket

イギリスのカナガン社が販売する猫用ペットフード、『カナガンキャットフード』。
「味が美味しい」、「猫が健康になる」、「栄養価が高い」などなどかなり評判の良いキャットフードですが、一方で「上手く食べてくれない」、「下痢や顔色が悪くなる」といった悪評があるのも事実です。

さて、このカナガンキャットフード。うちでも実際に使っているキャットフードですので、使用者の感想として実際の評価をレビューしていきます。

カナガンキャットフードとは

ddasdad dadasdada

まず簡単にカナガンキャットフードの特徴をご紹介します。
カナガンキャットフードは、イギリスにある大手ペットフード会社「カナガン」が製造・販売する猫用キャットフードです。海外では有名でポピュラーなキャットフードの一つで、最近は日本でも人気が伸びてきています。

カナガンキャットフードの主な特徴は以下の通り。

①栄養豊富な食材を使用
新鮮なイギリス産平飼いチキンを60%以上使用。
その他、食物繊維豊富なサツマイモ、ミネナル豊富な海藻類、ストレスを解消させるハーブ類などを配合。いずれも厳選された食材を使っており、基本的には人間が食べても問題ないレベルのキャットフードとなっています。
また、猫は動物性たんぱく質7割、植物成分3割がベストな栄養バランスといわれており、そのバランスに見合った配分がなされています。

②グレインフリー(穀物不使用)
アレルギーや肥満の原因となるるトウモロコシや小麦などの”穀物(炭水化物)”を一切使用していないグレインフリー製品となります。

③高い安全性
品質管理を徹底した、国際規格「SAI GLOBAL」クラスA取得工場で製造されているため、安全性の高いキャットフードです。人口添加物についても一切使用していないため、こちらも品質に貢献しています。

④全年齢対応
子猫~シニア猫まで、年齢関係なく与えられるキャットフードとなります。

以上の様な形で、簡単にまとめれば、栄養バランス&安全性・品質に優れたキャットフードとなります。

 

実際に使用した上でのレビュー・評価

71gh2yczwsL__SL1500_

うちでは、スコティッシュフォールドのオス(5歳)を飼っています。この子に、約半年ほどこのカナガンキャットフードを与えていました。

Sponsords Link

結果としては、まずレビューなどでは「食べてくれない」という悪評がありますが、普通に良く食べました。かなりおいしそうに食べており、以前の国産キャットフードより満足している印象を受けましたね。
健康については特に以前と変わりません。下痢や顔色が悪くなった事もありませんし、毛並みが変わったりなど副作用もありませんでした。

良かった点
スコティッシュフォールドがイギリス猫であるせいもあるかもしれませんが、とにかく良く食べ気に入っています。
以前は、キャットフードだけでは満足できず、生ものやかつおぶしなどを求めてきましたが、これにしてから他の食べ物に目移りせず、しっかりと食べてくれます。
謳い文句の通り、栄養価も良いのか、以前より元気になった感じもしました。

悪かった点
悪かった点は、少し太ってしまったこと。
カナガンキャットフードは、100gあたり約390kcal(国産の場合100gあたり約300kca)と少々っカロリーが高めです。
それで、以前使っていたキャットフードと同じ量を与えていたので、案の定太りました。おいしいのか常々求めてくるので、ついつい与えていまいましたね。それで仕方なくダイエットフードに乗り換えました。
それと、価格がやはり少々高いのが辛い所でした。

総評

太ってしまったのは、私の加減ミスですので、上手く調整すれば悪い点にはならないかと思います。ですので、課題となるのは価格くらいかと。
栄養バランスは良い感じですし、猫もおいしそうに食べているので、価格より猫の満足を優先させられる方であれば、おすすめかと。
特にうちと同じ、スコティッシュフォールドの猫ちゃんであれば、相性の良い商品ではないでしょうかね。

 

※こちらは犬用です。↓

Sponsords Link

LINEで送る
Pocket

コメントを残す