ライフスタイル

【実体験】鼻炎カプセル『パプトン』を間違って飲み過ぎたら倒れかけた、その際の症状や副作用

「風邪薬」や「鼻炎薬」は症状を抑えてくれるものの、”飲み過ぎる”と身体に悪影響や副作用を及ぼすことがある模様。

先日、朝起きたら鼻水がひどく出たので、買い置きしていた鼻炎カプセル『パプトン』を飲みました。

・・・が間違って、飲み過ぎた。

1日あたりカプセル3錠が用途ルールなのですが、何を間違ったが1回で3錠飲むというドジっ子をしてしまいました。

鼻炎カプセルを飲み過ぎるとどうなるか?

その後実際に出た症状を、実体験として書いていきます。需要があるかはわかりませんが。

※あくまで実体験例です。正確な医療情報として発信するものではありません。

1.鼻炎カプセル『パプトン』を飲み過ぎた場合にでる症状・副作用

私は健康なアラサーの成人男性です。この度、間違って鼻炎カプセル『パプトン』を錠剤を誤って飲み過ぎでしまいました。1日3錠のところを、1度に3錠服用。しかも、朝起きてすぐに、すきっ腹の空腹状態で飲みました。(パン1枚は食べていましたが)

結果、出た症状・副作用は次の通り。

・頭がもうろうとし、強いクラクラした眩暈のようなものが出る。
・麻酔をうったような感覚になり、顔全体に違和感が広がる。(歯医者で麻酔を打つと口周辺が麻痺したような感覚になりますが、それが顔全体に広がる感じ)。
・発熱し、おでこが熱くなる。
・身体全体の水分が失われた感覚になり、水を求める。
・喉も枯れ、一時的にガラガラ声になる、声がかすれる。
・味覚がおかしくなる。食べ物、飲み物を飲んでも味がいまいちわからず、苦い感じがする。
・そして、鼻水が一瞬にして止まる。

主にこんな症状や副作用が出ました。

発症するのは、『パプトン』の薬を飲んでからだいたい1時間後くらいから。

1時間後から突如急に症状が出始め、物凄い違和感に襲われます。おそらく消化され身体に生き渡るまでのラグが1時間程度なのかと。

ここで、「やばい、薬を飲む量間違えたんじゃね」と気づいた次第であります。

倒れるまではいかないものの、日常生活が一時的に困難になるような状態。

なお補足情報となりますが、今回飲み過ぎてしまった『パプトン』の成分を。

名称:パプトン 鼻炎カプセルM
メーカー:田村薬品工業
区分:第2類医療品
成分、分量:
•d-クロルフェニラミンマレイン酸塩 ・・・ 6 mg
• フェニレフリン塩酸塩 ・・・ 15 mg
• ベラドンナ総アルカロイド ・・・ 0.6 mg
•無水カフェイン ・・・ 150 mg
•カンゾウ抽出物 ・・・ 50 mg(カンゾウ715mgに相当)

添加物:ヒドロキシプロピルセルロース、クロスカルメロースNa、セルロース、無水リン酸水素Ca、ゼラチン、ラウリル硫酸Na、酸化チタン

このどの成分が影響したかはわかりませんが、飲み過ぎるとなかなかにハードな状態となります。

2.『パプトン』を、飲み過ぎた際の対処法は?

※あくまで私がとった対処法です、正しい対処法は信頼あるものを参考下さい。

私が取った対処法としては、
・水分補給
・食事
・仮眠

以上、3点です。

まず前述もしたとおり『パプトン』を飲み過ぎると、水分が失われたような感覚に襲われ、喉が枯れ、自然と水を求めます。なので水道水や家にあったコーラ(ゼロコーラ)を飲みまくりました。トイレも近くなり、1時間で2~3回排尿しました。

併せて朝食を食べ(スパゲティ1食)、その後は横になり2時間程度仮眠。

結果、目が覚めると違和感は多少残るものの、薬を飲み過ぎたことによる症状はほとんど消えました。

Sponsords Link

流れとしては、
・薬を飲み過ぎる
・1時間後にさまざまな症状が出て苦しむ
・その後1時間で、水分補給やトイレを繰り返す、食事をする
・2時間ほど仮眠

これを行い、薬を口にしてから4時間程度で元の正常な状態に戻った形となります。

※なお、あくまで私が取った対処法ですので、これが正しい対処法なのかはわかりません。正しい対処法は医療機関サイトや、メーカーWEBなどの信頼ある医療情報を参考にしてください。(近年は、適当な医療情報を書いている情報メディアも増えてきていますので、判断には注意が必要です。)

 

 

 

3.薬の飲みすぎは意外と怖い

昔から「薬は飲みすぎも危険」と言われていますが、今回の件でそれを痛感しました。

たった3錠、通常の3倍飲んだだけでも、あからさにはっきりとした副作用が出てきます。これがもし5錠も10錠も飲んでしまうと、かなり危ない状態に陥りそうです。

一般的な風邪薬や鼻炎薬であっても、飲み過ぎると、麻薬のような症状となったり、意識を失う重体になることもあるようです。

今回は3錠だったので自然回復ができましたが、もし余りに多量に飲み過ぎて症状が酷い場合は、医師の診察を受けた方がよいかもしれません。

またもちろん、本来の用途以外での使用はやめましょう。

まとめ

以上、鼻炎薬「パプトン」を飲み過ぎた場合の症状や対処法でした。

3錠程度の飲みすぎであれば、数時間で自然回復できるという体験談となります。あくまで私の一例ですので、ご参考までに。

Sponsords Link

LINEで送る
Pocket

Twitterフォロー頂けると嬉しいです!

コメントを残す