ライフスタイル

【仕組み解説】映画の「無料視聴」は罪になる?違法性あり?

LINEで送る
Pocket

インターネット上に多数溢れている、映画の「無料動画」。
今上映されている最新の映画が、映画館に足を運ばなくとも無料で簡単に見れるようになっています。

さて、こういった映画の無料視聴は、罪になるのか。違法性はあるのか。
映画好きであれば抑えておきたい、この部分の仕組みを解説していきます。

1.映画動画の無料視聴には罪や違法性はない

結論から言えば、映画動画の無料視聴には違法性はありません。

動画無料サイトに足を運び、映画を無料視聴しても、今現在は見る事自体は何の罪にもなりません。

たとえ今映画館で上映中の最新映画であったとしても、見る事自体(無料視聴)は問題ありません。

もう少し具体的に言えば、動画の「ストリーミング 再生」において、違法性はありません。ストリーミング 再生とは、動画のデータをパソコン等にダウンロードせず再生する方法です。現在の殆どの映画動画サイトは、ストリーミング 再生であるため、それを見るだけでは、違法性や罪に問われない訳です。

【ダウンロードは違法】
ただし、「ダウンロードソフト」などを用いた特殊な方法で、動画サイト内の映画データをパソコン内にダウンロードしてしまった場合は、著作権法により罪にに問われます。2年以下の懲役または200万円以下の罰金またはその両方の罰則が下ります(平成24年10月より)
詳しくは政府より↓の記事にて公表されています。

「政府広報ガイドライン」~販売または有料配信されている音楽や映像の「違法ダウンロード」について~
http://www.gov-online.go.jp/useful/article/200908/2.html

2.映画のアップロードは違法

最近はテレビCMなどでも頻繁に流れていますが、映画の様な著作物を許可なくインターネット上にアップロードする事は問答無用で違法です。
アップロードした場合、10年以下の懲役または1,000万円以下の罰金またはその両方の罰則が下されます。

↓のようなCMが放送されていますが、これはアップロードに対して違法性を問いかけているものであり、無料視聴するだけであれば問題はありません。

3.無料映画サイトはなぜ捕まらない?その仕組みとは

インターネット上では、「映画無料視聴〇〇」や「無料映画動画〇〇」といった無料映画サイトが溢れかえっています。

さて、なぜこういったサイトが野放しになっているのか。

この仕組みとしては、無料映画サイトは、動画元へのリンクを張っているだけであるためです。よく見て貰えば分かるかと思いますが、無料映画サイト内には一切、映画の映像は載せられておらず、あくまで他所へのリンクを張り誘導しているのみです。

このため、罪に問われるのはリンク先にて映画をアップロードしている側であり、誘導元の無料映画サイト側は一切違法性は問われません。もちろんそういった無料映画サイトを利用・観覧したからといって、罪に問われる事もありません。

 

4.「hulu」など公認の動画配信サイトは、アップロードされていても問題なし

 

「hulu(フールー)」や「Netflix (ネットフリックス) 」など、最近話題になっている動画配信サイト。

Sponsords Link

最新映画などがアップロードされ配信されていますが、この手のサイトは、映画製作側に直接著作物配信の許可を得ているため、アップロードされていても違法性はありません。

もちろん見ること自体も問題は一切ありません。完全に安全なサイトと言えます。

5.映画好きであればお金は払いたい

映画を作るには、多大な製作費が掛かります。どんなにプロットの優れた作品でも十分な製作費がなければ良い作品に仕上がりません。

そして、製作費の素となるのが、映画館の観覧料やレンタル料などです。無料動画を視聴してしまうと、製作費として一切積まれません。

極論を言えば、仮に世の中の全員が映画を無料視聴してしまえば、映画自体が作られない(作れない)ことになってしまいます。

タダで手軽に見れる映画無料サイトの誘惑は大きいですが、やはり映画好きであれば映画館でお金を払って視聴したいところ。もしくは、「hulu」など微力ながら制作側に資金がバックされるサービスで映画を視聴したいところです。

 

 

Sponsords Link

LINEで送る
Pocket

コメントを残す