映画

殴り合いではなかった、「ファイトクラブ」 洋画感想・考察レビュー

面白い映画ランキングに度々登場するファイトクラブ。続編「ファイトクラブ2」の執筆も進んでいる様です。
一見ボクシング映画?と思えそうな作品でしたが、全く予想外の非常に面白い作品でした。

 

作品名:ファイトクラブ
製作:1999年 米
監督:デヴィッド・フィンチャー
出演:エドワード・ノートン
ブラッド・ピット
ヘレナ・ボナム=カーター
ジャンル:サスペンス、ヒューマンドラマ、カルト

 

映画ファイトクラブのあらすじ

主人公「僕」(エドワード・ノートン)は自動車リコール会社に勤める平凡なサラリーマン。ブランド物の服や好きな家具を買い集め、なに不自由ない暮らしをしていたが、どこから心が満たされない。ガン患者など自分より苦しい人間が集まるセミナーに参加し、なんとか精神を安定させていた。
そんな中、同年代の行商人タイラー(ブラッド・ピット)と出会う。タイラーは自分とは真逆の破天荒な性格の人物で、彼の魅力に惹かれて行く。ある日タイラーは公平な殴り合いで欲求を満たすサークル「ファイトクラブ」の立ち上げを企画する。”僕”もその運営に参加する事となるが、ファイトクラブは人気を集めタイラーの行動は次第にエスカレートしていく。

dsada

http://i.ytimg.com/

 

映画ファイトクラブの感想・レビュー

この「ファイトクラブ」という映画は面白い映画ランキング、名作映画ランキングなどに度々登場する作品。なぜかわからなかった。どうしてかって、題名やジャケット、予告を見る限り、殴り合いやボクシングの話にしか見えなかったから。どうせファイトクラブって所で殴りあうスポ根物なんでしょ?ってイメージしか沸かず、なぜこの映画がこんなに評価されているのか全く見当もつかなかった。

そんな先入観があってなかなか手がだせなかったが、たまたま見たところこれが凄い。いい意味で全く期待と違う話だった。殴り合いはするけれど、拳での殴り合いの話では全くなかった。

 

このファイトクラブが面白いのは、話の作りこみや演出も勿論だけれども、それ以上に現代の人が抱えている心の闇?みたいなものを、強く問いかけてくるところだと思う。主人公「僕」の様に、仕事もあり好きなモノも買え順風満帆に生きているけれどどこか満たされない、どこか違う人生、違う人物に憧れている人は少なくないと思う。たとえ夢を実現して思い通りの人生を歩んでいる人でも、家庭を持ち別の幸せを見つけた人であっても、どこか今とは違うもの、より良いものを求める感情は多くの人が持っていると思う。平和でモノに恵まれた先進国独特の贅沢な悩みの様なものが。

 

そういったモヤモヤした悩み、またその感情が生み出す脅威をこのファイトクラブは問いかけてくる。2段階で。
劇中は入り組んだ話が続き、最後はどんでん返し的なネタバレとなるので、すごい作り込まれた話だ、あーあれがあーだったのかと構成に引き込まれ、まずどういった話だったのかを整理して理解したくなる。それで一つ一つのシーンを思い返していく訳だが、ここで第2波がくる。話を整理し思い返しているうちに、「あれ、これ自分にも言えることじゃないのか」という問いが出てくる。

始めはただの精神異常者、二重人格者のぶっ飛んだ奴だと思っていた主人公の「僕」が、次第にこれは自分にでもあり得る様な事に感じてくる。「僕」は極端な例だが、現代人なら誰にでもこういった素質があり、最悪の場合こういう風になってしまうのではないかと。

img_3

http://blogs.c.yimg.jp/

Sponsords Link

 

巧みな展開で、自問自答にうながす

主人公「僕」の様な行き場のない感情を抱えている方は多いと思う。特に今の20代~30代あたりは多いのではないだろうか。実際一見まともな人が起こす犯罪などもこういった感情が元になっているのかもしれない。
ただ私もそうだが、それについて深く考える方は余りいないのではないだろうか。自分はまとも、こういう感情は当たり前、精神病や二重人格なんてありえない、そんな考えの方が多いかと思う。ましてや作り物の映画で、そういった悩みに苦しみ暴挙に出た主人公を見ても、「あーイカれた人の話かー」、「大変だね」と他人事にしか思えない事が多いかと思う。

それがこのファイトクラブは、焦点をずらす事で、上手く引き込み問いかけてくる。本編はサスペンス映画的な作りだが、最後には自問自答させられる興味深い映画でした。

主人公「僕」の名前を明かさないのも、話の矛盾を避ける為のだけでなく、観た人たちそれぞれに置き換えて考えて欲しいという意図があったのかもしれない。

20150623225358

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/

 

・続編「ファイトクラブ2」情報
続編となるファイトクラブ2の原作小説の執筆を、前作の作者チャック・パラニューク氏が現在進めています。
ファイトクラブから10年後の話を描く様で、一般公開は今年2015年予定とのこと。
映画化についてはまだ情報は公開されていませんが、これだけ人気になった作品ですのでおそらく小説完成後に映画化は実施されるかと思います。

 

 

・こんな人におすすめ
・現状に満足しているものの、どこか行き場のない不満や悩みを感じる方
・複雑な話やどんでん返し的な展開が好きな方
・映像や音楽がカッコイイ映画が好きな方
・エドワード・ノートン、ブラッド・ピットのカッコイイ姿が見たい方
・隠れた名作、人に話したくなる様な映画を探している方

など

 

Sponsords Link

LINEで送る
Pocket

コメントを残す