映画

F1関係なしに楽しめる、映画『ラッシュ/プライドと友情』感想・評価レビュー

rush_web_r1_c1
LINEで送る
Pocket

往年の有名F1レーサー、ニキ・ラウダとジェームス・ハントの争いや友情を壮大なスケールとドラマで描いた『ラッシュ/プライドと友情』。
車やレースに関心のない方にこそ観て貰いたいおすすめの映画です。

この映画の感想・評価レビューを書いていきます。

 

題名:ラッシュ(RUSH)/プライドと友情
製作:2013年 米・英
監督:ロン・ハワード
出演者
クリス・ヘムズワース
ダニエル・ブリュール
オリヴィア・ワイルド
アレクサンドラ・マリア・ララ

 

映画『ラッシュ/プライドと友情』のあらすじ

F1界きってのプレイボーイであり破天荒な性格のジェームス・ハント。有名実業家の道を自ら捨て、レーサーを目指す勤勉で論理的なニキ・ラウダ。永遠のライバルと呼ばれたこの対極的な二人の歴史的ドライバーの半生を、対立、葛藤、友情を交えながらユニークかつドラマチックに描かれる。

 

 

映画『ラッシュ/プライドと友情』の感想・評価レビュー

私は車やレースは好きなのでこの手のジャンルの映画は沢山見たが、このラッシュは個人的に車映画として過去最高の映画。名作として扱われるのは「栄光のル・マン」などであるが、正直純粋に楽しめるといったらこちらの方が数段上だ。
さてこのラッシュは私の様な車やレースが好きな方からすれば最高の映画だ。ストーリーも描写も文句なし。ただ車やレースに興味関心のない方は余り手を付けにくい映画だと思う。どうせレースの話でしょ、ニキ・ラウダらんか知らないしと思って観てない方も多いかと思う。
だがこの映画は車好き関係なしにしても面白い、だれが見てもなかなかこれは見てよかったと思える映画で多くの人に勧めたい映画。そこで車好き嫌いは全く抜きにしてこの映画をレビューしていく。

前置きが長くなったが、この映画ラッシュの一体どこが面白いのか。一言で言えばこの2人の友情ドラマだ。
ジェームス・ハントは生粋のプレイボーイ。レースが終われば酒を女を抱きのみやりたい放題の人間。一方のニキ・ラウダは実業家の父の値を引き論理的で緻密なまるでビジネスマンの様な人間。この2人はレースの相手だからという以上にいがみ合っている。そんな2人が対立しながら認め合っていくわけだ。

 

が、そんな友情ドラマは別にこの映画に限った事でもなく、よくある話だ。この作品の面白いのはその背景に、F1の世界の勝ち負けのシビアさ、また当時の脆いF1特有の死と隣り合わせの葛藤を十分に取り込んでいるところ。
絶対に認めたくない相手だが、同じドライバーだけにしか分からない勝利への執着心、死への恐怖を共有してしまっている。そのF1ドライバーならではの背景が、最高に熱い友情ドラマを作っている。
おそらくこの友情ドラマは、死のリスクがない他のスポーツや職業では描けないだろう。だが今までF1やレースを扱った映画では人間ドラマの部分よりレースパートを描こうとしている作品が多く、宝の持ち腐れだった。対してこのラッシュはレースの世界だからこそ描ける熱い友情ドラマを、F1という設定を十分活かし描いていたので、見ていてとても面白かった。

Sponsords Link

最後の終わり方もすごくいい。ネタバレになるので控えるが、あんなに勝利にこだわっていたニキ・ラウダが最終戦で見せた行動や、あんなに嫌っていたジェームス・ハントに最後に投げかけた言葉は感傷深いものがある。
またエンドロール前の2台のF1の滑走シーンは、F1好きとしては感無量であった。
そんな友情ドラマをF1に興味がない人にでも、十分楽しめるテンポと演出で描いているので、車好き嫌い問わず楽しめます。
熱い友情ドラマやヒューマンドラマを求めている方にはおすすめの映画ですので気になった方はぜひ。

2人のその後

ジェームズハントは、45歳の若さで亡くなっています。原因は心臓発作。最後までジョークを絶やさなかったとのこと。
ニキ・ラウダは、引退後1979年にラウダ航空を立ち上げ。現在もオーストリアを中心に運行しています。ニキラウダは今回この映画ラッシュが製作されとても喜んでいた模様。

 

・こんな人におすすめ
・熱い友情ドラマが見たい方
・何かに熱中している方、何かを成し遂げたいと思っている方
・映画からパワーを貰いたい方
・スカッとする映画が見たい方
・車、レース、F1、ニキ・ラウダ、ジェームズハントが好きな方
など

Sponsords Link

LINEで送る
Pocket

コメントを残す