その他

第3次世界大戦?2ちゃんねる掲示板に書かれた不可思議な予言

LINEで送る
Pocket

「ノストラダムスの大予言」、「マヤ予言」など予言、オカルトにまつわる話というのは、定期的に話題になりますが、ほとんど信憑性というのはありません。私もこの手の話は信じてしませんが、一つだけ、ネット掲示板に書かれた妙な予言が。
妙に当たっている様なので、この予言について掘り下げて紹介していきます。

2ちゃんねる掲示板に2015年1月に投稿された終末予言

その気になる予言というのが↓です。(少々長いです)

699 本当にあった怖い名無し@転載は禁止 sage 2015/01/06(火) 13:30:11.73 ID:Znvx88Bb0
日曜日までに、日本でとても大きい事件が起きます。 ニュースはほぼその話題でもちきりになります。 今後の日本、ひいては地球の未来は大丈夫なのかと多くの人々を不安にする事件とだけいっておきます。 この事件によりとても大勢の人が天へ旅立たれます。

1月の終わりに、忘れられつつある伝染病が日本にやってきます。はじめは大阪、次に東京。

火山が噴火します。海外の島国です。大勢の人々が巻き込まれる噴火です。ここから次々と噴火が続いていき、日本の九州方面とアメリカでとてつもなく大きな火山が噴火します。

ロシアはウクライナ問題でアメリカに戦争をふっかけられ、中国は自国の統制がとれなくなり、互いに ピンチに陥り手を組んでアメリカ&EU支配の流れを変えようとします。
普通なら戦争を始めるのですが、今戦争を始めた場合悪は中国&ロシアということになるので、 まずはアメリカがやってきた罪を陽の下にさらす行動に出ます。

そこでスノーデンが再び表舞台に現れます。
同時に火星についての重要な情報が開示されます。アメリカが今火星の情報を出し始めているのは、 近いうちにロシア&中国の手によって、アメリカが数十年前から火星に人を送り込んでいたという 事実をごまかすためです。しかし手遅れです。ロシアや中国はアメリカが異星人とこれまで どのようなことをしてきたのかを洗いざらい公表してしまうのです。

そしてその情報の中に、9.11テロと東日本大震災の真相も含まれており、これがきっかけでアメリカは悪の枢軸国になります。EUは巻き込まれないようにアメリカと距離をおきます。ISISは大義名分を得て、アメリカへの侵攻を開始します。

第三次世界大戦は、アメリカvsISIS&ロシア&中国という形で始まるでしょう。
日本は強制的にアメリカに従わなければならない雰囲気になるのですがここで安部首相が面白い行動にでます。後に安部首相が名総理と呼ばれる理由です。

戦争は早いうちに核ミサイルの応酬になり、参戦した国の首都はほぼ住めない土地になります

703 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2015/01/06(火) 13:42:08.34 ID:Znvx88Bb0
核ミサイルの撃ち合いのあと、戦いはドローン戦に移行します。歩兵同士が戦うスタイルは過去のものとなり、何千という無人機による空爆が戦況を左右するようになるのです。
みなさんが生き残ることを祈ります。世界人口は30奥人ほど減ってしまいますが、日本はそれほど被害を受けません。日本は災害と病気に気をつけるべきです。災害と病気によりかなりの人々が死ぬからです。

暗い未来ばかり教えても悲しいばかりです。ここで明るくなるようなことも教えましょう。
インターネットとパソコンが形を変えます。
これまでインターネットはネット回線がなければダメでしたが、少なくとも日本国内ならばどこにいても無線でインターネットができるようになる技術が生み出されます。
次にサングラス型のPCです。本体はポケットサイズ、モニターはサングラス型のPCが今年後半に 発売され爆発的ヒットを飛ばします。 なんと操作は脳波をつかうことにより、考えるだけで可能なのです。今年ではありませんが、PCとスマホや携帯の境がなくなって、誰もが自分のPCを持ち歩く時代になります。

脳波を使ったインターフェイスが発達していくことで面白い問題が発生します。
それは、脳波を使って嘘をついているかが見破れるということです。
99%の精度で嘘を見破ることができるようになり、誰も嘘をつくことができなくなる時代がきます。 この嘘を見破る機能は、本人に直接合わずとも使用することができるため、既存の芸能人はほとんどバラエティ番組に出演できなくなります。テレビ業界は実質終焉を迎えてしまうのです。

もちろん政治家もすべての汚職が明るみになり、既存の政治家達はほとんど顔をみせなくなります。 科学の発展によって悪がすべて洗い流されるという面白い出来事が起きるのです。
これを未来の人々はアセンションだったといっていますね。

 

かなりぶっ飛んだ内容の予言です。
一見よくありそうな妄想話の様にも見えますが、なぜこの予言が気になったかというと、この予言が書かれてすぐに「ISISによる日本人拘束事件」が起こりそのニュースで持ちきりになったためです。その後もこの予言に書かれた様な事が数々起きはじめています。以降で関連性をまとめます。

予言の内容で実際に起きた事、関連する事

この予言の内容と、実際に起きた関連事件を調べましたので以下にまとめます。

Sponsords Link

 日曜日までに、日本でとても大きい事件が起きます。 ニュースはほぼその話題でもちきりになります。 ISISによる日本人拘束事件 、2015年1月20日に後藤さんの身代金要求、その後ニュースで持ちきりに
 1月の終わりに、忘れられつつある伝染病が日本にやってきます。 1月頃にエボラが流行。ただエボラはそこまで忘れ去られている訳でも無いため関係なし?古くからあるペストは今再び流行が始まっている様です。NAVERまとめ
http://matome.naver.jp/odai/2141692690891322101
 日本の九州方面とアメリカでとてつもなく大きな火山が噴火します。  2015年5月29日に鹿児島県屋久島で「口永良部島噴火」が起こり大災害になりました。9月現在では阿蘇山の噴火警戒が上がっています。アメリカ(イエローストーン?)については今現在噴火情報はなし。
 スノーデンが再び表舞台に現れます。  スノーデンの告発文などが徐々に明るみに出て、現在、再び問題視されている様です。2015年9月4日 yahooニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150904-00000013-asahik-soci
 火星についての重要な情報が開示されます。  NASAは、 2015年9月28日午前11時30分(日本時間29日午前0時30分)から特別記者会見を開き、火星に関する「重要な科学的発見」を発表するようです。CNNニュース
http://www.cnn.co.jp/fringe/35071010.html
 アメリカvsISIS&ロシア&中国  現在の世界情勢的にこの形になりつつまります。
 ここで安部首相が面白い行動にでます。  憲法9条改正が何か影響してくるのでしょうか。
戦争は早いうちに核ミサイルの応酬になり、 2016年3月24日不動産王ドナルド・トランプ氏(69)は23日放送の米メディアのインタビューで、過激派組織「イスラム国」(IS)の掃討作戦について「核兵器が最後の手段だ」と述べ、大統領に就任すれば戦術核兵器の使用も否定するつもりはないと語った。。(時事通信)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160324-00000021-jij-n_ame

戦いはドローン戦に移行します。 ドローン技術は近年恐ろしい勢いで進化しています。
モニターはサングラス型のPCが今年後半に 発売され爆発的ヒットを飛ばします。なんと操作は脳波をつかうことにより、考えるだけで可能なのです。 モニター型サングラスは2013年頃よりグーグルが「Google Glass」として市販化しています。ただイマイチヒットはせず。
しかし2015年秋以降に、大きく改良した2代目新型Google Glassを投入予定で、本格的な普及を目論んでいます。http://japanese.engadget.com/2015/07/30/google-glass-atom/なおgoogle glassを脳波インターフェースで操作できるアプリも既に開発されている様です。
http://www.gizmodo.jp/2014/07/mindrdr.html
PCとスマホや携帯の境がなくなって、誰もが自分のPCを持ち歩く時代になります。 衣服や物など全てのモノに通信チップを付ける「IoT技術」の検討が総務省で始まっています。yahooニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20150926-00000006-nnn-pol
脳波インターフェース 脳波インターフェースも現在、開発が進んでいる様です。http://sign.jp/da136537
99%の精度で嘘を見破ることができるようになり、誰も嘘をつくことができなくなる時代がきます。
この嘘を見破る機能は、本人に直接合わずとも使用することができるため~
2015年12月25日放送のテレビ東京系「やりすぎ都市伝説」にて、「マイクロチップなどに人口知能が用いられ、身体に埋め込まれ管理される時代がくる」との内容が放送されていました。

この脳波インターフェースというのは、もしかしたら人口知能を指しているのでしょうか。将来的に人口知能チップの様なものが人々に埋め込まれ、それがインターネットを介して通信出来る様な機能を持っていれば、直接相手に合わずとも相手の脳や意思を把握出来る様になり嘘を見破れる気がします。

 

この様に予言に書かれた内容に似た事件が実際にも複数起きています。(少々こじつけた部分もありますが)

 

この予言は本物なのか?

この手の予言は、社会情勢や技術分野に詳しい方であれば、予言というよりは予測が可能なのかもしれません。ややアバウトにしている部分もありますしね。
ただ妙に当たっている様な部分もあるので、この手の予言では気になる感じです。第3次世界大戦など起きたらたまったものではありませんが、後半の技術革新の部分は興味深いですね。こういったSF映画の様な時代がもしかしたら近いうちにくるのでしょうか。

不可思議な話やオカルトが好きな方はこちらも↓
鈴木光司氏の新連載『ユビキタス』、解明されない謎の書「ヴォイニッチ手稿」がテーマ
考察好きにもおすすめ!世界観が不思議で怖い「カルト映画」ランキングTOP5

 

 

 

Sponsords Link

LINEで送る
Pocket

コメントを残す