テレビがつまらなくなった原因とは何か
その他

テレビがつまらなくなった原因とは何か

pic_l_12monocro-tv_2

 

「テレビがつまらなくなった」が常々話題に上がる時代となりました。視聴率の低下も顕著に。
なぜここまでテレビが衰退してしまったかを、各方向から考えてみたいと思います。

・スマホの普及
爆発的に普及したスマホですが、スマホの脅威は単に数だけでなく、依存性が高いこと。特に10代~20代の若い層は、家での自由時間の大部分をスマホでのゲームやコミュニケーションに充てていると言われています。
株式会社ジャストシステムが行った「スマートフォンとライフスタイルの変化に関するアンケート」では、スマホの登場によって以前と比べ利用頻度が大きく減ったメディアの上位がテレビ、新聞、雑誌に。

d7597-71-362491-0-e1418948803302

https://www.fast-ask.com/

・コンテンツが出尽くした
テレビの登場からすでに50年以上が経っており、これまで何千個ものテレビ番組が作られてきました。絶対的な母数が増えているため、どんなに面白く新しくしようとしても、どこか今までと同じ様な感じとなってしまっています。
そんな惰性的な部分が、特に30代以上のテレビ世代の心を離した様に感じられます。

・制作費や規制
広告先となるメディアが増えた事や景気後退によりスポンサーからの広告投資が減った、また放送上の規制により、描きたい事を描き難くなった事も理由の一つと言えそうです。

・面白い芸能人が減った
単純に面白いと思える芸能人やクリエイターが減ったのも理由の一つでしょう。芸能界の歴史や規模が大きくなりすぎて、まるで大企業の様になった、妙な上下関係や固定観念が出来て、それぞれの人の魅力や個性が十分発揮出来ていない事が根本的な原因に感じます。(特に若手芸人とか)

・欲求を満たせるメディアが増えた
一昔前は最新の情報をチェックするためにテレビを見る、他の娯楽がないのでテレビを見る、家に独りでいると寂しいので人恋しさにテレビを見る、などそれぞれの欲求を満たす延長線上にテレビがありました。
こういった欲求を今はインターネット、スマホでより具体的に満たせます。

Sponsords Link

・受動的なスタイルがやだ
テレビは組まれた番組表の中からしか選択権がありません。また好きで選んだ番組でも、あくまで自分はそれ傍観する事しか出来ません。テレビの箱の中でいくら芸能人が楽しんでいても自分は見ているだけです。
最近は、自分らしさや自分から働きかける事に意味を求める時代となってきました。そんな価値観が受動的なスタイルのテレビに合わなくなったのも理由の一つと言えそうです。
テレビの内容自体がつまらなくなったのもありますが、それ以上に選べるメディアが増えた、ライフスタイルや価値観が変わり求めるモノが変わったというのが大きな理由に思えます。
あくまで持論ですけどね。

 

 

Sponsords Link

LINEで送る
Pocket

Twitterフォロー頂けると嬉しいです!

コメントを残す