ハンコン

ロジクール製ステアリングコントローラ「G25レーシングホイール」使用レビュー

LINEで送る
Pocket

これまでに使用したハンコンの操作性、メリット、デメリットをレビューしていきます。
製品名:G25 Racing Wheelステアリングコントローラ
販売元:ロジクール
型番:LPRC-13000
発売年:2007年

価格:新品37800円(販売終了)。中古で37000円。
対応機器:PS2版(非公式)、PS3版レースゲーム
ロジクールの上級ハンコンシリーズ、通称「Gシリーズ」の第1世代となるモデル。

 

ロジクール製ステアリングコントローラ「G25レーシングホイール」の特徴

GT FORCEシリーズより高性能、高価格となるハイエンドなハンコンシリーズが「Gシリーズ」となります。このG25はその第一弾。
左右900度回転、フィードバック機能などGT FORCEシリーズで培われた技術は全て搭載されています。またハンドル操作、フィードバックの反応、アクセルの重さなど更に本物志向にバージョンアップしており、G(重力)を除けばほぼ実車並みの操作性。
ペダルコントローラには”クラッチペダル”が新たに追加。また6速Hパターンシフトコントローラが新たに付属。クラッチワークやHパターン6速シフト操作もこのモデルより可能となりました。

メリット・・・これまでのGT FROCEシリーズより、ハンドル操作、ペダル操作に重量感があり実車さながらのリアルな操作が楽しめる
デメリット・・・価格が高い、モーター音が最新モデルのG27よりうるさい(Driving Force GTより更に静かになっていますが、それでもテレビの20音量程度の騒音あり)

 

ロジクール製ステアリングコントローラ「G25レーシングホイール」を使用しての感想・レビュー

GT FROCE-pro、Driving Force GTもリアルなドライビングを楽しめますが、このG25はまた別次元です。「グランツーリスモ5」で保有している実車と同じ車でプレイしてみましたが、ハンドルやアクセル操作のフィーリング(重さ、反応など)はほぼ誤差程度の感覚でした。ハンドル径もDriving Force GTより更に大きくなり(実車の0.8倍程度)、違和感をまるで感じません。車全体の挙動についてはゲームシステムに影響されるのでやはり違いは感じますが、ハンドルの操作感覚については驚くほどの実車に忠実です。今後ゲームシステムがより進めば、このハンコンでよりリアルな操作が出来るかもしれません。

これまでのGT FROCEシリーズとのどこが違うかというとやはり重量感の部分。基本的なシステムは変わっていませんが、ハンドルの重さ、モーターのフィードバックの強さ、ペダルのスプリングの強さなど、物理的な重量感が増しており、実車を運転する時に感じる”重さ”を体感できるのがGT FROCEシリーズとの大きな差です。ただしこれは人によっては(筋力がない方など)操作が難しくなってしまうこともあり、タイムが落ちることもあります。(システムで強弱は調整できますが)この点は注意点かと。

なおこれらの点は改良版の「G27レーシングホイール」にも言える事ですので、今買うのであればG27がおすすめでしょう。両方持っていますがG27はモーター騒音が改良し更に静かになっています。操作性などはG25もG27も全く変わりません。騒音が気になる方は新型G27がうってつけです。

Sponsords Link

今G25を敢えて選ぶとすればプレミア価値。G25の発売後、短期間でG27が販売された為、G25には現在プレミアが付き始めています。(新品ですと通常販売価格の倍となる6万円以上)。プレミア品として保管用に買うのであればG25にも価値は十分あるかと思います。将来高額で売れるかもしれません。
使用する上では騒音もG27よりうるさいですし、高額でプレミア価値もあるたため、そもそも使うのが勿体無いです。

 

 

>>ハンコン種類別レビューの一覧へ

 

Sponsords Link

LINEで送る
Pocket

コメントを残す