ハンコン

ロジクール製ステアリングコントローラ「G27レーシングホイール」使用レビュー

LINEで送る
Pocket

これまでに使用したハンコンの操作性、メリット、デメリットをレビューしていきます。

 

製品名:G27 Racing Wheelステアリングコントローラ
販売元:ロジクール
型番:LPRC-13500
発売年:2010年
価格:新品37800円。中古で約30000円。
対応機器:PS2版(非公式)、PS3版レースゲーム

ロジクールの上級ハンコン通称「Gシリーズ」の第2世代となるモデル。

ロジクール製ステアリングコントローラ「G27レーシングホイール」の特徴

「G25ステアリングホイール」の改良版となり、Gシリーズ2代目となる上級ハンコン。操作性やシステムなどはほぼG25と同じ。大きく変わったのはモーター音で、モーターによる騒音が驚くべきほど静かになっています。またステアリング中央に回転数に応じて緑→オレンジ→赤に変化するLEDランプを搭載。F1レーサーさながらの雰囲気が味わえます。

 

メリット・・・G25同様、重量感がありリアルな操作が可能、モーター音が静か(過去最高の静かさ)
デメリット・・・価格が高い

ロジクール製ステアリングコントローラ「G27レーシングホイール」を使用しての感想・レビュー

中身はG25と同じですので、G25と同じく重量感、リアル感は抜群です。
※Gシリーズの品質の高さは以下の記事で紹介していますので、この記事では詳細は省きます。
>>ロジクール製ステアリングコントローラ「G25レーシングホイール」紹介

 更にこのG27の目玉となるのはモーター音のしずかさ。G25に比べモーター音が予想以上に静かになっています。ハンコンを使った方はわかると思いますが、これまでのハンコンは動かすたびにウィーンウィーンと隣の部屋まで聞こえる様なうるさい機械音がしていました。これがG27ではほぼ無音です。実際の車のハンドルを動かすのと同じくらいの音しか聞こえません。これまでに発売されたハンコンの中では過去最高の静かであり(G29は今後検証)、騒音が気になる方にはもってこいのモデルです。
そこまで操作性を求めない方であっても、この静かさ目的にお金を払う価値は十分あるかと思います。ただハンドルがロックした際のガッタっというロック音はやはり目立ちます。(グランツーリスモ5、6の場合)。ロック音を消す機能は無いため、この点だけは懸念部分かと。

唯一懸念点となるのは価格。約3万円となりDrivingFroce-GTの倍以上もし決して安いとは言えません。
ただ上級ハンコンの中では現在最も安く手に入ります。

上級ハンコン価格比較
G27・・・約3万円
G25・・・現在プレミアが付き6万円以上
T500RS・・・約8万円
新型G29・・・約58000円

プレミアが付いている先代G25よりも安く、上級ハンコンの中では最も安く手に入ります。新型G29では更なるバージョンアップがされPS4にも対応していますが、価格がほぼ倍の約58000円。グランツーリスモ6などPS3のレースゲームを上級ハンコンで楽しみたい方は価格も含めトータルで考えるとこのG27が今現在もおすすめかと思います。(ただし、最近G27もプレミアが付き始めているので価格変動には注意)

 

※懸念となるPS4への乗り換えですが、無理やりにG27をPS4で使用する方法はあります。↓の記事でまとめています。
PS3対応ハンコンを「GTsport」などPS4用レースゲームでも使う方法・互換性させる方法【DFGT、G25、G27など】

Sponsords Link

 

輸入版について

G27は日本版、輸入版2タイプがあります。(G25も輸入版がありましたが今は市場にほぼ流れていません。)性能は全く同じで輸入版の方が価格は数千円安くなります。ちなみに私はG27のみ輸入版タイプを使用していますが、全く問題なく利用できています。G27の日本版は持っていないので正確な比較はできませんが、プレイする上で支障は全くありません。コンセントが合わないとかそういった問題も勿論ありません。販路が違うだけで、設計や使用している素材は全く一緒かと。説明書が英語ですが、こちらもただ機器とコードを繋げるだけなので絵を見れば誰でもわかります。英語力は全く不要です。

Logitech G27 Racing Wheel 並行輸入品

 

>>ハンコン種類別レビューの一覧へ

<
Sponsords Link

LINEで送る
Pocket

コメントを残す