考えさせられる大人向けのアニメ『0080 ポケットの中の戦争』紹介・感想・評価
その他

考えさせられる大人向けのアニメ『0080 ポケットの中の戦争』紹介・感想・評価

「考えさせられる大人向けのアニメ」と題しましたが、”大人向け”とかそんな単純な言葉でも括ることはできない、アニメの傑作があります。

それがなんだって、驚くことにあのガンダム!。
ガンダムの派生作品の一つ『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』。

これはガンダムであってガンダムではない、異色の名作。
様々な感情を駆り立て考えさせられる、異常な完成度のアニメ。

ガンダム関係なしに、死ぬまでに一度は観て貰いたいおすすめのアニメです。

 

※解説の都合上、ややネタバレが入ります。

 

『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』とは?

 

「機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争」は、1989年に発売されたガンダムのOVA(オリジナルビデオアニメ)シリーズ。OVA1本30分×全6話。

TVアニメ『機動戦士ガンダム』で描かれた1年戦争の末期。連邦軍ジオン軍どちらにも属さない中立コロニー「サイド6」で起こる紛争と、それに巻き込まれる人々のドラマを描く。

あらすじ

戦争とは程遠い「サイド6」で、平穏な日常を過ごす主人公の小学生「アルフレッド」。アルフレッドは戦争やモビルスーツの強さに憧れを抱いていた。

そんなある日、中立コロニー内でモビルスーツによる市街戦が起きる。興味を示したアルフレッドは不時着したモビルスーツの下へ。そこでジオン軍の青年パイロット「バーニィ」と接触。

この2人の出会いとアルフレッドの無邪気な好奇心が、歯車を狂わせていく。

 

美しくも無残な『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』、感想評価レビュー(ややネタバレ)

 

この『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』は、世間一般でイメージされるガンダムとはかなり異なるもの。『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 』という大人向けのガンダム作品もありますが、これともまた異なるもの。

本作はジャンル分けがかなり難しいのですが、大枠は戦争ドラマです。ガンダムというコンテンツを使い、戦争に翻弄される人々の”ミニマム”な世界を描いた話。

でも、単に「戦争って悲しいよね、残酷だよね」だけの話でもないんです。

なんというか、この作品を観るとどこに感情をぶつけていいのか分からない気分になります。感動であって感動でないような、怒りであって怒りでないような、涙であって涙でないような、そんな訳の分からない困惑した気分にさせられ、色々考えさせられるアニメです。

このアニメの冒頭は、小学生の主人公アルフレッドのワクワク冒険感全開、ジブリ感全開の流れで入っていきます。ガンダム同士の戦闘シーンもほとんどなく、夢見る少年のキラキラした日常話。そして何かを狙った演出。意味深なOPとED。そして『ポケットの中の戦争』という題名。

で、おそらくその時点で多くの方が気づくと思うんです。「あ、これ絶対後半やばいな」と。

ネタバレになるので詳しくは書きませんが、とにかく話の構成・流れが完璧で、美しいほど無残な話。徹底的にやる予定調和。

戦争がどうのこうのというより、”己の正義”の話になっていくのですが、それぞれの正義があったとしても、それが戦争だとしても、最後見終わった後にどこにどう感情をぶつければいいのが分らなくなる作品。最後は無邪気なアルフレッドにまで矛先を向けたくなるような。

Sponsords Link

ワザと狙ってなのか、所々BGMの使い方がおかしい点や、人の死や殺人を軽く扱っているシーンがあるのも惑わされます。

そんな己の正義をテーマを、無邪気な少年や、まっすぐな若いパイロットを通して描く、見るに無残な残酷な話。

制作された時代のせいもあってか、生温くないです。グロテスクとは違いますが、残酷な話です。お花畑なハリウッド戦争映画とかよりもずっと響いてくるものがあります。

完全に大人向けのガンダムであり、ガンダム好きやアニメ好きに関わらず一度見て貰いたい作品。観終わった後に少しドロッとした気分になりますが、多分心に残る一作となるはずです。

また、最後の戦いがケンプファーではなくザクⅡなのも、分かる人にとってはかなりツボではないかと。

人間ドラマに焦点を充てた挑戦的な作品でしたが、余りにもガンダムの戦闘アクションシーンが少なかったので、商業的には芳しくなかったようです。

しかし後々評価され、ガンダムの中でも根強い人気を持つ作品に。時代を先取りし過ぎた感があります。

 

ガンダムをよく知らない、はじめての方に補足

ガンダムをよく知らない人でも次の事を覚えておけば、この『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』は、すんなりと入っていけます。

 

・人々が地球から宇宙へ移民し始めたのが「宇宙世紀」。本作は宇宙世紀0079年~80年にかけての話。
・「モビルスーツ」とは、戦争に使う人型兵器の一つ。ガンダムはそのうちの一機体。
・本作の背後で、宇宙に移民した人間(スペースノイド)の一部が、地上側の人間に「独立戦争(1年戦争)」を仕掛けている。戦争スタートが0079年。
・宇宙側が「ジオン軍」、地球側が「連邦軍」。どちらが善、どちらが悪とは括れない。
・戦争に混じらず中立化しているコロニーもある。その一つである「サイド6」が今作の舞台。

この辺を覚えておけば、ガンダムを知らない人でも本作は楽しめます。

 

まとめ

ちょっとうまく説明できませんでしたが、そんなうまく表現できない魅力が詰まった作品です。観終わった後に、茫然とし、何らかのインパクトを受けることは間違いないかと。

全6話で180分程度と、時間もそれほど長くないため、ぜひ興味が沸いた方は観てみてください。

『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』はこんな人におすすめ

・戦争や人間ドラマが好きな方
・大人向けのアニメを探している方
・後半からヤバくなるアニメを探してる方
・いつもと違うガンダムが観たい方
・ガンダムが好きな方

など

Amazonで第一話はワンコイン100円で楽しめます。↓

全巻ブルーレイメモリアルボックス

Sponsords Link

LINEで送る
Pocket

Twitterフォロー頂けると嬉しいです!

コメントを残す