記事公開日:2018年8月7日

ゲーム

サイバーレースゲーム待望の新作『新世紀GPXサイバーフォーミュラSIN VIER(フィーア)』発売決定

知る人ぞ知る、サンライズの名作車アニメ『新世紀GPXサイバーフォーミュラ』。

サンライズ公式のサイバーゲームはここ10年以上制作が止まっていますが、同人ソフトの方は生きています。

今回、本家を越えそうなレベルの本気なサイバーフォーミュラゲームを造り上げてきた同人プロジェクト「PROJECT YNP」が新作を発表。

その名も『新世紀GPXサイバーフォーミュラSIN VIER(フィーア)』。
2018年8月11日より発売。(コミケ94では先行発売。)
今回も前回同様に、PC向けのレースゲームとなります。

この新作ゲームの情報を特集していきます。

 

 

待望の新作、『新世紀GPXサイバーフォーミュラSIN VIER(フィーア)』

まず、本作品の概要について。
なおより詳細な部分は、PROJECT YNPの製品公式ページをご確認ください。

 

製品名 新世紀GPXサイバーフォーミュラSIN VIER(フィーア)
開発・販売 PROJECT YNP
価格 2,800円(税別)
発売日 2018年8月11日(土)
ジャンル VR対応超音速3Dレーシングゲーム
対象機器 PC向けゲーム
OS:Windows®7/8/8.1/10 ※64bit専用
CPU:Intel® Coreiシリーズ以上
MEMORY:4GB以上
GPU:HD® Graphics® 3000以上
NETWORK:1.0Mbps以上のインターネット回線
VR動作環境 VR:OculusRift/HTC®Vive
CPU: Intel®i5-4590/AMD®FX8350以上
GPU:NVIDIA®GTX®970/AMD®R9®290以上以上※VRプレイをする場合のみ

 

本作は、2012年にPROJECT YNPが発売した前作『新世紀GPXサイバーフォーミュラSIN DREI(ドライ) Plus』に続く、新たなサイバーフォーミュラゲーム作品。

前作同様に、サイバーフォーミュラの世界を忠実に再現したレースゲームとなり、その細かなモデリング、エフェクトは随一。

なお本家サンライズインタラクティブが過去にリリースしていた『Road To The INFINITY』シリーズはPS2時代の水準ですので、現時点では本作がサイバーフォーミュラのゲームで最も美しいグラフィックと言えます。

 

νアスラーダ、凰呀、シュピーゲルといったSIN時代のマシンを多数収録。
同人ゲームといえどモデリングは素晴らしく、現時点ではサイバーゲームの最高峰。

出典:http://www.project-ynp.com/product/cf4/gallery/

 

今回も「オンライン対戦プレイ」環境が用意されており、時速700キロの世界で他プレイヤーとのレースが楽しめる。

出典:http://www.project-ynp.com/product/cf4/gallery/

 

 

 

「PROJECT YNP」とは?

「PROJECT YNP」は、サイバーフォーミュラ等のゲームを製作する同人ソフトメーカー。サイバーフォーミュラ関連のゲームとしては、これまでに今作も含め計6作品をリリースしています。

【PROJECT YNPが制作したサイバーゲーム一覧】

新世紀GPXサイバーフォーミュラSIN  CYBER GRANDPRIX 2003年発売
新世紀GPXサイバーフォーミュラSIN  CYBER GRANDPRIX 2 2004年発売
新世紀GPXサイバーフォーミュラSIN  CYBER GRANDPRIX 2(BOOST PACK) 2004年発売
新世紀GPXサイバーフォーミュラSIN DREI(ドライ) 2012年発売
新世紀GPXサイバーフォーミュラSIN DREI Plus 2012年発売
新世紀GPXサイバーフォーミュラSIN VIER(フィーア) 2018年発売

かれこれ15年以上サイバーフォーミュラゲームを製作してきている同人ゲームメーカーであり、作品を重ねる毎により熟成されたゲームに。

Sponsords Link

「本家がつくらないなら作ってやれ」と言わんばかりの仕上がりになっており、サンライズからもお墨付きを受けているようです。

 

今回の新作もサンライズ公式ページ側で、記事として紹介されているほど。↓

キャプ元:http://www.sunrise-inc.co.jp/work/news.php?id=15809

 

なお、以下がPROJECT YNPの公式ホームページ。
過去の制作作品等が確認できます。

PROJECT YNP公式ページ
http://www.project-ynp.com/

 

 

新作『新世紀GPXサイバーフォーミュラSIN VIER(フィーア)』ならでわの特徴

さて今回の新作ならではの特徴、前作との違い、追加要素をまとめていきます。

 

①VRプレイに対応

まず最大の目玉と言えそうなのが、VR。
今作からVRモードが用意されており、VRの360度の世界で、サイバーフォーミュラの音速レースが楽しめます。

※もちろんVR無しで遊ぶことも可能。

 

②予定:新コース「パラナ川沿岸特設サーキット2022」&2022年チャンピオンシップ

今後、新規コースとして、「パラナ川沿岸特設サーキット」を追加。
それに伴い、2022年度のチャンピオンシップも再現するようです。

 

③予定:さまざまなアップデートを追加

今後、順次さまざまなアップデートを加えていくとのこと。

詳細は、以下の製品ページ「アップデート」で確認できます。
http://www.project-ynp.com/product/cf4/update/

 

 

④前作の要素もてんこ盛り

・タイムアタック、チャンピオンシップといったシングルプレイモード
・オンラインでのネットワーク対戦機能
・オンラインでのタイムアタック&ランキング機能
・初心者向けのアシスト機能
・多段ブーストなど、原作を再現したギミック
・「影山ヒロノブ」氏が歌う専用楽曲『BRAND NEW RAINBOW』を今作でも収録

などなど、前作で人気だった要素を今回も引き続き取り入れられているとのこと。

まだ発売前ですので、このほかにも追加要素や今後のアップデート要素があるかもしれません。詳しくはPROJECT YNPの最新情報をご期待ください。

 

 

サイバーフォーミュラのゲームが続いていることに感謝

アニメ『新世紀GPXサイバーフォーミュラ』は、一応は今もシリーズが継続されていることになってはいますが、OVA『新世紀GPXサイバーフォーミュラSIN』が完結した2000年以降、続編アニメは一切制作されていません。

ゲームにおいては、2000年代に株式会社サンライズインタラクティブから『Road To The INFINITY』がちょくちょく発売されていましたが、2008年を最後にストップ。

そうした中、このPROJECT YNPは頑なにサイバーフォーミュラゲームを作り続けてくれています。それもサンライズ公式にも勝るような質で。これはファンしては、とてもありがたいことです。

そしてあわよくば、サンライズ公式のゲームもそろそろ発売して欲しいところ。
製作費が問題であれば、もうこのPROJECT YNPのシリーズと協力・提携して作っちゃえばいいんじゃないですかね。

まとめると、それくらいこのシリーズの完成度は高いです。

 

※こちらは過去にサンライズインタラクティブがリリースしていたPS2『Road To The INFINITY』の最終作。

 

まとめ

以上、最新作『新世紀GPXサイバーフォーミュラSIN VIER(フィーア)』についてとなります。

サイバーフォーミュラの世界を最新のグラフィックで体験してみたい方は、ぜひ購入してみてはいかがでしょう。

 

関連記事

歴代『サイバーフォーミュラ』ゲーム全10作レビュー&まとめ

現実的に考える、「新世紀GPXサイバーフォーミュラ」の技術は今後、実現可能なの?

レースアニメの名作「新世紀GPXサイバーフォーミュラ」徹底紹介

 

スポンサードリンク

Twitterフォロー頂けると嬉しいです!

コメントを残す


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.