PS4

新品PS4本体を最も安く買うには?

※2018年最新化

『ファイナルファンタジー15(FF15)』や『ドラゴンクエストⅪ』など期待作が続々と発表されているPS4。迷っていたけどそろそろ購入してみようという方も多いのではないでしょうか。

さて新品PS4本体はなかなか値段が下がらない状況が続いていますが、実際安く買うにはどういった方法がよいのが、いくつかパターンをご紹介していきます。

 

※PS4各モデルの詳細スペックや価格については以下記事でまとめています。
新型PS4のスペック・価格の違い比較表(CUH-1000~2000、PS4Proまで)

 

 

新品PS4本体の「定価」

まず新品PS4本体の、メーカー側が設定する”定価”は以下の通り。(2018年4月現在)

 

PS4本体500GB(新型の薄型CUH-2100系)・・・29,980円(税別)/32,378円(税込)

総計は、32,378円 。

 

※分かりにくくなるので以降は”税込“価格ベースで書いていきます。

 

新品PS4本体の「オークションサイト」相場

『ヤフーオークション』などのオークションサイトの場合、オーククション(競売)ですので価格はピンキリになります。ただし「最低価格」が約25,000円前後で設定されているケースが多いですね。

またオークション系の場合、これに送料が1,500円ほど上乗せされます。

 

総計は、26,500円程度(本体を2,5000円と仮定+送料1500円)。

ただしこれはあくまで例。
最低価格で落札できるケースは少なく、大抵は定価付近まで値上がってしまうのが恒例です。

 

 

新品PS4本体の『Amazon』相場

『Amazon』での新品PS4本体の価格は、ほぼ定価通り。32,378円(税込) 。
送料は同一圏内であれば、基本無料です。

総計は、32,378円 。

ただしAmazonは、たまに29,980円(税別)で販売していることがあります。この場合は送料分安くなるので、めっけもんです。

 

 

新品PS4本体の「店舗」相場

各店舗(大型家電量販店)の新品PS4価格は以下の通り。

 

ヨドバシカメラ→32,378円(税込) +5%ポイントバック
ヤマダ電機→32,378円(税込) +5%ポイントバック
ゲオ→32,378円(税込) +1%ポイントバック

店舗の場合は、どこもほぼ定価で販売しています。各社の通販WEBサイトを使用してもほぼ定価で店舗と価格は変わりません。

 

総計は、約3,1000円(ポイントバック分約1500円をマイナス)

店舗の場合はポイントバック分で相殺し、少し安くなります。

 

最低ラインは3万円

この様にPS4本体は、新品ですとそこまで大幅な値下げはしていません。
PS4は一定の需要がある製品ですので、あまり値崩れすることはなく、どこも定価で販売しているのが現状です。

新品の場合、最低ライン3万円の費用は掛かると考えておいた方かいいかと思います。

破格で売られていることもあるが
稀に「ネット通販ショップ」や「中古リサイクルショップ」などで、新品が2万円弱の破格で売りにだされている事もあります。ただし余りに安いPS4ですといくら新品でも曰くつきの不良品な可能性もありますので余りおすすめできません。

一方、「開店記念セール」や「決算処分セール」など、セールの一環として売られるものであれば破格であっても比較的安全かと。


新品PS4はどこで買うのが一番良い?

さて結論に。
PS4は結局どこで買うのがよいのか。これは目的によります。

Sponsords Link

 

①とにかく安く買いたい

とにかく安く買いたい場合は、やはり「オークション」です。
オークションでは、稀に個人が1万円、2万円とありえない価格で売りに出すこともあります。そういった品物を狙えば、安く購入できてしまうことも。

ただしオークションでは落札にテクニックも必要で手続きも面倒です。かつ前述したように曰くつきの不良品を掴まされるケースもありますので、上級者向け。

②スムーズなのはAmazon

Amazonは価格的なメリットは少ないですが、購入ボタン一つですべて済みます。Amazon正規販売であれば欠陥品を掴まされるリスクもほぼありません。

無駄な手間がない分、ある意味安上がりとも。

 

③直ぐに必要でなければ店舗の「セール」を狙うのも

店舗は定価販売が基本ですが、「決算セール」や「開店閉店セール」などで、定価より1~2割安く販売することがあります。

特に決算前・年末・ボーナスの時期であれば、店舗のセールまで少し待ち、狙ってみるのも手かと。

 

PS4は今買うべき?

PS4は、発売当初の頃こそ余り波に乗っていませんでしたが、ようやくソフトメーカーなどが本腰を入れてきており、今後続々と新作タイトルが発売されていきます。

新型の薄型PS4は大幅に値下げもし、当面はこれ以上の値下げも行われないでしょう。

流れとしては”買いの時期”に入ったと言えます。

 

 

 

関連記事
仮想世界が10月からついに?プレイステーションVR(PSVR)発売日価格決定【PSVRとは】
【今買いなのか?】新型PS4(CUH-1200)と前期型(CUH-1100)の違いは?
>>PSNのフレンドは残る?オンラインは有料?PS4本体購入前の疑問解消まと

 

 

 

スポンサードリンク

LINEで送る
Pocket

Twitterフォロー頂けると嬉しいです!

コメントを残す