記事公開日:2018年2月25日
最終更新日:2018年4月4日

カラダと美容

ケーンセーフプラスの類似品だけど安い、自立式万能杖「ACTOPPステッキ」の評価・レビュー

高齢者や足腰の悪い方向けのプレゼントとして
最近注目を集めている万能杖『ケーンセーフプラス』。

が、このケーンセーフプラスは定価で1万円程度となかなかにいい値を取ってきます。

そこで注目したいのが類似品となる『ACTOPPステッキ』。
見た目や機能はケーンセーフプラスとほぼ変わらないのに、価格がアマゾンで2000円程度と格安です。Amazonベストセラーにもなっている製品。

 

ただ、安い分、怪しさも満点かと。

今回、腰の悪い祖母用にこのACTOPPステッキを購入しました。
一体どの程度の質なのか、評価・レビューをしていきます。(実物画像あり)

 

1.自立式杖とは

「自立式杖」とは、高齢者や足腰の悪い方向けに作られた万能杖の総称です。
最も有名な商品は、海外ケーンセーフ社が販売する『ケーンセーフプラス』。

様々な便利機能を持っていますが、その最大の魅力は立ち上がり用のレバーハンドル。レバーに体重をかけ、足腰の悪い方の立ち上がりのサポートをしてくれます。

 

※詳しく知りたい方は、
以下のケーンセーフプラスの公式プロモーションビデオを。

深夜の通販でこの宣伝がエンドレスに流れており、最初は胡散臭さ満載でしたが、観ているうちに「こりゃすごい」、「うちのばあさんにプレゼントしてやろう」と見事に洗脳されました(笑

ただこのケーンセーフプラスは、意外と高いのが難点。
定価で1万円程度。アマゾンでも7000円程度はします。

ケーンセーフプラス正規品

 

そこで今回購入したのは、ケーンセーフプラスではなく、類似品で安めのこちらの「ACTOPPステッキ」↓

 

今回は、この製品を実際に購入した上でのレビューを書いていきます。

 

2.格安自立式杖「ACTOPPステッキ」の特徴

まずACTOPPステッキの簡単な特徴を。

『ACTOPPステッキ』は、
家電製品から生活用品まで幅広く扱うACTOPP社が販売している自立式杖。

主な特徴としては、
・杖先が「4点式」となっており、不安定な地面にもフィット。
・力を掛けるハンドルレバーが2つ用意されており、腰の悪い方の立ち上がりをサポート。
・「自立式」となっており、倒れず、杖を垂直に立たせられる。
・夜間の歩行などをサポートするLEDライト装備。
・使わない時は、小さく折りたため、持ち運びしやすい。
・高さは5段階に調整可能。
・身長145㎝~160㎝向けの小型タイプ(杖長68-80cm)、160㎝~180㎝向けの大型タイプ(杖長84-96cm)の2種類サイズあり。
・価格はアマゾンで2000円程度とかなり安め。
など

基本的には『ケーンセーフプラス』と機能は全くといっていいほど同じ。
デザインもほぼ同等です。

類似品となるため、価格が圧倒的に安いのが大きな差。

 

3.格安自立式杖「ACTOPPステッキ」の評価・レビュー

今回、一人暮らしをしている腰の悪い祖母へのプレゼントとして、このACTOPPステッキを購入してみました。
もしダメダメだったら買い直せばいいと思い、ダメ元勝負で注文してみました。

祖母は高齢で背が縮んでいるため、購入したのは、身長145㎝~160㎝向けの小型タイプ。↓

 

以降がレビューとなります。

 

①Amazonから購入し、配送された際の状態。
こんな感じの箱に詰められて送られてきました。

②箱の中身はこんな感じ。
ステッキ本体に加え、持ち運び用のポーチ、あと交換用の電池がおまけで付属されています。

③杖は上部と下部が分離でき、使う時は差し込んで繋げます。
リコーダーのような穴が5つ開いており、これで5段階の高さ調節が可能。

④組み上げるとこんな感じに。
「自立式」と呼ばれるとおり、このように杖自身で立ち続けます。
安いながら質感はなかなかのもの。

⑤レバーを使わない時には、こうやってレバーを縦にし、コンパクトにすることもできます。

Sponsords Link

⑥レバー部分の素材はゴム製です。こちらもなかなか質の良いゴム素材。
滑りにくく、グリップ感は上出来。

⑦このように右手を下レバーに、左手を上レバーに乗せ、体重を掛けて立ち上がれます。(カメラで左手が塞がっていたため、画像では左手は乗せていません。)

⑦こちらは杖先。
グルグルと回るような造りになっており、杖を前後左右、自由に傾けることができます。

⑧杖先の裏側部分。
「4点式」と呼ばれるとおり、4つゴム製支え具が付いています。
これで滑りやすい場所や、傾斜のある場所でも安定して地面を掴みます。

⑨杖の上部にLEDライトが付いています。電池は交換式。
夜間の歩行や、ちょっとした懐中電灯代わりにも使えそうです。
明るさは一般的なLEDライトって感じ。

⑩サイズはこんな感じ。
大きさ比較用に、モンスターエナジーの空き缶を置いておきます。

⑪こちらは5段階の高さを最大にした場合。
ここまで長くなります。

⑫分離しここまでコンパクトに纏められます。
収納や持ち運びにも便利。

率直な感想としては、全体的に質感が良かったです。
2000円なのでもっと安っぽいかと思いましたが、各部の素材が良く、細部まで作り込みもしっかりしています。

あと軽いこと。
重そうに見えますが500gちょっとしかなく、高齢者などでも扱いやすいかと。
一般的な市販の杖より軽いんじゃないでしょうか。

4.性能的にはどうか、安全に使えるものなのか?

さて、最も気になる性能面について。

 

立ち上がりにちゃんと使えるか?

私は体重55キロ台の男性ですが、着座状態からレバーに力を掛け、難なく立ち上がれました。造り込みも丁寧で、力を掛けて杖のパーツが分離するなどもなかったです。もちろん折れたりすることも。
したがって強度的には問題無い感じです。

ただし、杖先が前後左右にグルグルと傾く造りとなっています。このため慣れないうちは少々グラつく怖さがある感じもしました。
もちろん4点式の杖先が地面をガッツリ掴んでいるため、それで身体が倒れてしまうことは、よほど無理をしない限り無いでしょう。
ただグラグラする心理的な怖さが少しある感じです。特に高齢者で慣れないうちは。

 

歩行面では安全か?

4点式の杖先は、かなり力強く地面を掴んでくれますので、一般的な杖よりも安定して身体を支えてくれる感じでした。軽い力でも地面をしっかり掴んでくれる感じ。
ゴム製のため、床やフローリングでも、滑ることはありませんでした。また杖先がグルグルと傾きますので、傾斜があってもある程度はカバーしてくれます。

ただし、小さな石が溢れた砂利道や小さな突起物がある場所など、複雑な地形の場合は、4点式でも上手く掴めない感じもありました。

 

ちゃんと杖は自立で立つのか?

特に丁寧に意識しなくても、ポンと置く感じで杖は自立してくれました。ストレスなく、机や椅子の横に立たせられます。

ただし平面であれば問題なく立ちますが、傾斜があると倒れてしまう場合がありました。

5.総評

総評としては、嘘偽りなく、大満足な品でした。
2000円と安いので心配でしたが、質感的にも性能的にも予想以上に良かった感じ。一人暮らしの祖母にも安心してプレゼントしました。

ベースとなっている『ケーンセーフプラス』は購入していませんので、ケーンセーフプラスと類似品であるこの『ACTOPPステッキ』で、どこがどう違うのか、どちらが優れているかは、比較できません。

ですが、この類似製品でも十分満足出来たというのが、率直な結論となります。

高齢者や足腰の悪い方が、家族や知人にいる場合は、いいプレゼントになるかと。安いですしね。

以上、ACTOPPステッキの評価・レビューとなります。

 

 

 

こちらが今回レビューした『ACTOPPステッキ』↓

 

こちらはベースとなっている『ケーンセーフプラス』↓

スポンサードリンク

Twitterフォロー頂けると嬉しいです!

コメントを残す


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.