ビジネス

Amazonアソシエイト審査の合格体験記、通らない人・無理な方へ

「Amazonアソシエイト」。審査が厳しい厳しいと言われているこのアフィリエイト。
当サイトもそれなりに軌道に乗ってきたので応募したところ、当たり前のように撃沈。
落とされること計8回。やっとの思いで合格できたので、通らない方や無理な方へノウハウを纏めておきます。(2015年8月現在)

 

 

Amazonアソシエイト審査合格までの経緯、ノウハウ

Amazonアソシエイト審査1回目

まず当初下記の様な状態でAmazonアソシエイトの審査依頼を行いました。審査を行ったのは本サイトです。

・2015年8月現在、申請
・新規アカウント(買い物実績なし)、フリーアドレス(yahooメール)
・サイト運営約3ヶ月(本格的に記事を入れ始めたのは実質1ヶ月)
・サイト記事60件程度
・グーグルアドセンス、A8広告などを多数表示
・エンタメ系のサイトなので映画やゲームのパッケージ画像や劇中画像多数(引用表記はあり)

こんな状態で挑みました。かなり不安な要素満載ですがとりあえず申請。

Amazonアソシエイト不合格通知を頂きました。申請から1時間ほど。

 

Amazonアソシエイト審査2回目

まずはフリーアドレスは落ちるという情報があったので、新たにアカウントを作り、yhaooメールからniftyメールに変更して申請→Amazonアソシエイト不合格通知、申請から1時間ほど。

 

Amazonアソシエイト審査3回目

買い物実績が必要との情報があったので、新規のniftyアカウントを使い、Amazonでkindle無料電子書籍(0円)をクレジットカードで購入。これでは心配かと思い99円の電子書籍と600円のイヤホンを購入。

買ったもの
kindle電子書籍(無料) 0円
kindle電子書籍 99円
イヤホン 600円 ※到着は10日後(今現在もまだ届いていない)
すべてクレジットカード決済。

購入決済後、即申請→Amazonアソシエイト不合格通知、申請から1時間ほど。

 

Amazonアソシエイト審査4回目

この辺で購入履歴が反映されていないorサイト内容に問題があるの両方で悩み始める。

※補足
とりあえずこの時点で試しに以前に作った捨てブログ(1年ほど前に作って記事は20件程度、更新が泊まっていたので1記事ほど補充)で申請してみた。広告や画像は全て消して。
申請→Amazonアソシエイト不合格通知

本サイトはこの時点でかなり画像や広告を張っていたので、修正に悩んだ。とにかくA8で使っていたAmazon広告はまずいと思い、Amazon広告を全記事から削除し申請。

申請→Amazonアソシエイト不合格通知、申請から30分ほど。

 

Amazonアソシエイト審査5回目

買い物履歴が気になったので、3000円の保湿機を購入(クレジット決済)。速達が無料だったので次の日配達で購入。(この時点では届いていない)
サイトリンクが3つ以上あった方が良いという情報があったので、個人の捨てブログ3つに本サイトへのサイトリンクを設置。
続いて気になったのが、URL指定の部分。申請フォームに審査してもらうURL指定があるのだがこれをトップページにしていた。ハンドルコントローラ商品紹介記事がウケそうかと思ったので、ハンドルコントローラ関連の記事4つのURLを指定して申請。(指定した記事のみ商用画像は全て削除)

申請→Amazonアソシエイト不合格通知、申請から30分ほど。

 

Amazonアソシエイト審査6回目

同じ記事で、申請フォームの書き方を変え(サイト概要の趣旨を具体的に書く、収益方法をアマゾンアソシエイトのみで指定など)、即効で再申請。

申請→Amazonアソシエイト不合格通知、申請から1分ほど(笑)。

 

Amazonアソシエイト審査7回目

3000円の保湿機が自宅に届く。Amazonサイトでも配達完了の表示確認。
その上で、今度は前回とは別のゲーム関連のノウハウ、レビュー記事のURLを指定して申請。
申請したのは以下の記事。3000円の保湿機が自宅に届く。Amazonサイトでも配達完了の表示確認。内容1000文字以上、個人の感想見解多め。(指定した記事のみ商用画像は全て削除)

読み込み不具合、ロードが遅い「PS3」をほぼ確実に蘇らせる方法
Pゲージがレースを変えた「首都高バトル01」の魅力紹介
クロノトリガーを超えたストーリー「クロノ・クロス」紹介
保湿機が届いて直ぐだったためか。

申請→Amazonアソシエイト不合格通知、申請から1時間ほど。

Sponsords Link

Amazonアソシエイト審査8回目

保湿機が届いて1日。もう馬鹿らしいので最後に徹底的に勝負を掛ける事にした。
手を加えたのは以下の事項。
・トップページMetaタグのキーワードが抜けていたので追加。
・トップページにカテゴリー一覧を表示させるなど内容豊富に。
・管理者問い合わせを「こちらのメールにお願いします」とテキストで表記していただけだったが、専用の問い合わせフォームを設置。プラグイン「Contact Form 7」使用。
・60件あった記事を20件ほどに減らす。(質の低い記事や中傷っぽい記事を下書き表示で除外)、残った記事は商用画像を全て削除(Youtubeの動画埋め込みは残しました)。
・唯一残しておいたグーグルアドセンスの広告も削除。(これで全て広告は無し)
・アソシエイト・セントラルでクレジッド情報を事前登録
・日曜日が通りやすいという情報があったので、たまたま日曜だったこともあり日曜日の午前中に申請。申請URLや申請フォームの情報は前回と同じ。

申請→Amazonアソシエイト合格通知、申請から6時間ほど
アフィリエイトが出来ることより、勝ち抜けた事に感無量でした。

 

・感想

最後は色々いじったので、何が正解かわかりません。
ただ言える事は、新規アカウントで商品発送から1日、3000円程度の購入で審査には通れるという事。
また商用画像や広告は出来る限り削除した方が良いということ。(決定打かはわかりませんが、私のサイトは画像が多かったためそれが原因だったのかとも思っています。出来れば少し残して検証みたかったのですが、もう力尽きていた・・)

・検証

7回目の申請の際に、どういった審査をしているかアクセスの動きを常時観察していました。7回目の審査では指定した3記事はすべて見ています。時間にして3記事で1分ほど。アクセスがカウントされてから即座に(1分ほど)で不合格のメールがきました。その他のURLは見ていません。
一応指定したURLは見てくれている様ですが、時間的に明らかに内容はしっかりと読んでいません。どこか内容以外に不備があり(買い物履歴が反映されていない?サイトの作り方に違反があった?)、機械的に即切り捨てた様に伺えます。

わからないのは、8回目の合格時は指定したURL全てみていません。もしかしたら合格基準を満たした場合は全部を見ないのかもしれません。
更に言えば、6回目などアクセスカウントもなく申請から1分で即効で不合格通知が来ています。これは明らかにサイトの内容は関係なしです。絶対に見ていません。

よくわかりませんが、以上から言える推測を。

・6回目の様に、即効で再審査を申請した場合は、ブラックリスト的な扱いで問答無しに即弾かれる。
・7回目の様に、何か別のことに問題がある場合は(買い物履歴や違反事項)、記事の中身はパッとみるだけで、不合格通知。
・8回目の様に、基準をクリアした場合は(買い物履歴や違反事項)、1、2記事見て合格。記事の中身をどこまで良く見たかは分からないが、全ての指定URLを見ていないのは確か。

くどくど書いてしまいましたが、言いたいのは中身ではなくそれ以外の部分で判定しているのではないかという事。

ネットで言われている通り、やはり買い物履歴なのかもしれません。もしくはサイト大枠で違反がないか。(広告がないか、著作権違反はないか、フォームはしっかりと作られているか)

記事の中身自体はそれほど重要でない様に感じます。

Sponsords Link

LINEで送る
Pocket

Twitterフォロー頂けると嬉しいです!

コメントを残す