ライフスタイル

洗わなくてもイイ匂い、猫が臭くならない理由とは

matome_20140905154027_54095adb5987d
LINEで送る
Pocket

 

何日もシャンプーもせず汚いはずなのに、ほんのりイイ香りを漂わせりたり、生まれたときの様に綺麗な毛並を保っているのが、猫の不思議なところ。さてなぜ猫は臭くならないのか、実はこれにはいくつか理由があります。

 

猫が臭くならない理由1:狩りの習性から

猫は狩をする動物です。またその狩の仕方が実にハンター気質。無闇やたらと飛び掛るのではなく、物陰に潜みじっくりと機会を待ち獲物を捕らえます。この習性を続けて進化してきた為、獲物に気配を察しなられない様、自身の臭いを無意識に消せる体質となったのが猫という生き物です。

 

猫が臭くならない理由2:汗腺が少ない

”汗腺”とは汗を出す器官のこと。汗腺から汗(老廃物)が出る事で動物(人間も含め)は体臭を放ちます。特に犬などは全身に汗腺があるため匂いが目立ちます。
対して猫は、汗腺が少なく、また顎の下やしっぼ付近など全身ではなく部分的に散らばっています。このため汗による匂いが抑えられています。これも猫が臭くない理由の一つです。


猫が臭くならない理由3:毛繕いをする

猫は、動物の中でも特に毛繕いを頻繁にする生き物です。身体を自分でなめ汚れを取り除いているため、洗わなくても比較的身体が綺麗です。結果匂いも抑えられています。

 

猫が臭くならない理由4:ひなたっぼこをしている

猫は太陽の光が好きで、常々ひなたぼっこをしています。ひなたぼっこにより、匂いの元となる雑菌や老廃物を除菌しているのも、猫が臭くない理由の一つです。

 

猫が臭くない理由はだいたいこんな感じです。
先天性な特性や、自分で身体を綺麗に保っている事で、猫は臭くない訳です。ただし物理的に限度はあり、汚い場所で長期間シャンプーなどをしてあげないとやはり猫でも臭くなる事はあります。

Sponsords Link

 

Sponsords Link

LINEで送る
Pocket

コメントを残す